悠久の時を感じるトルコのプレイヤーキリム

今日のひとしな
2021.10.16

~ 「エイトデイズ」より vol.16 ~

さて今日はアナトリア地方(トルコ)のプレイヤーキリムです。憧れのアンティークキリムです。

トルコではサッジャーデもしくはセッジャーデと呼ばれるお祈り用のキリムですが、典型的な綴れ織り技法です。アナトリア(トルコ)中央部のコンヤ周辺の遊牧民によって織られたと思われますが、アナトリアキリムの特徴でもある明るく華やかな色彩が際立っています。

ミフラーブと呼ばれる方向性があるのが祈祷用ラグの特徴ですが、キリムの場合はシンプルな幾何学文様で方向性が表現されます。今回のキリムは鳥もしくは動物の頭文様と組み合わされたミフラーブに、イスラム教と遊牧民文化の融合性が感じられるトライバルテイストのデザインです。


こういったアンティークのアナトリアキリムは高価な上に出物が少なく、なかなかお目にかかれません。こちらも写真ではその素晴らしさが伝わりにくいです。色滲みや褪色のない天然染料の深みのある色あいが、このキリムが経てきた100年以上にわたる長い時間を感じさせてくれます。薄く軽いので壁に掛けるのも良いと思います。

キリム(綴れ織)羊毛 110x90cm ¥198000 (180000) 19世紀

 

→その他の「エイトデイズ」の記事はこちらから

→その他の「今日のひとしな」の記事はこちらから

EIGHTDAYS/エイトデイズ(長野)

長野県須坂市大字須坂東横町375
TEL:026-248-3055
営業時間:11:00~18:00
定休日:木曜(祝日は営業)
http://eightdays.jp
Instagram:@eightdays 

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ