三重県の‟いいところ”お届けします! 伊勢木綿の手ぬぐい

今日のひとしな
2021.12.13

~「DOKODO」より vol.13 ~

本日は、弊社が進めている「mimie(ミミエ)」プロジェクトから、手ぬぐいを紹介したいと思います。

「mimie(ミミエ)」とは、1993年以来、三重県四日市市においてファッションやサブカルチャーにフォーカスした事業を展開して来た「株式会社たまや」が、三重県の伝統工芸・地域産業資源とのコラボレーションをブランド化するプロジェクトです。

全国に誇りを持ってご紹介できる三重県の伝統工芸や地域産業資源を、私たちのフィルターを通して、伝統を守りつつも独自のアイデアを加え、新たなアプローチで全国に向けて発信して行くことで、少しでも伝統工芸・地域産業資源の普及および維持に貢献することを目的としています。洋服、かばん、靴、うつわ、雑貨など、「気が付くと『日常生活で身に纏うもの・使うもの』のどこかに、三重県と関わりのある何かが潜んでいる」、そんなライフスタイルを提案しています。

こちらの手ぬぐいは、三重県の伝統工芸品である伊勢木綿を使用しています。伊勢木綿は三重県津市と伊勢地域で生産される木綿織物の事で、単糸と呼ばれる、紡績されたままの一本の糸をゆっくりと時間をかけて織られています。綿に近い状態の糸を使う事でしなやかになり、また撚られた糸が綿に戻ろうとするので使い込むとより柔らかくなる特徴があります。今では伊勢木綿を織ることができるのは、一社のみの貴重なものとなってしまいました。

デザインですが、「mimie」では現在6種類の柄を展開しています。

伊勢木綿の手ぬぐい #松阪工業高校
こちらは三重県の松坂工業高校の生徒さんの最優秀作品。県内の名所や特産品を取り入れた素敵なデザインです。

伊勢木綿の手ぬぐい #フク
こちらは私たちが洋服を取り扱うので、フクをちりばめたデザイン。なんだか羽のようにも見えてかわいいですね。

伊勢木綿の手ぬぐい #白千鳥
こちらは絵本作家のあべ弘士さんデザイン。三重県の県鳥であるシロチドリたちが羽ばたいています。

伊勢木綿の手ぬぐい #日本カモシカ
こちらもあべ弘士さんデザイン。国の特別天然記念物でもあるニホンカモシカが描かれています。迫力のある顔が目を引きますね。

伊勢木綿の手ぬぐい #撮影
愛知県出身のイラストレーター・maboさんのデザイン。御在所ロープウェイなどが優しいタッチで描かれています。

伊勢木綿の手ぬぐい #花
三重県在住のイラストレーター本城まい子さんデザイン。植物図鑑の種子をヒントにデザインされています。

三重県の伊勢木綿に、三重県のモチーフ……。どの作品もとっても素敵に出来上がりました。私たちも「mimie」を通じて地元三重県の良さをたくさん知ることができました。恥ずかしい事に知らないこともたくさんあったので、これからもどんどん学んで皆さんに伝えていきたいですね。

手ぬぐいの使い道ですが、夏のイメージがあるかもしれませんが、もちろん冬場も使えます。タオルやハンカチ代わりに、ほこりよけに、弁当包みに、インテリアに。軽くファブリックミストを振ってカバンに忍ばせたりも良いかもしれませんね。

「mimie」プロジェクトは、「DOKODO」を運営する株式会社たまやの系列各店で進行中! 伝統工芸とファッションのカルチャーをミックスして盛り上げていくつもりなのでチェックしてみてくださいね。


←その他の「DOKODO」の記事はこちらから
→その他の「今日のひとしな」の記事はこちらから
DOKODO(ドコド)

三重県四日市市日永5-12-16
TEL:059-349-6815
営業時間:12:00~20:00
定休日:火、水曜(祝日は営業)
https://dokodo.jp
Instagram「@dokodo_mie_official

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ