昭和生まれにはなじみがある? レトロなラタン編み脱衣かご

今日のひとしな
2022.01.07

~「POTLATCH」より vol.6 ~


世の中には様々なラタン製品がありますが、日本人に一番親しみ深いのはこんな脱衣かごではないでしょうか?


昭和生まれの方には銭湯にあったかごといえばイメージしやすいでしょうか。私が子供の頃に銭湯へ行っていた時には、脱衣所の入り口にある山積みになった脱衣かごから一つ手に取り、自分の着替える場所をかご片手に探していた記憶があります。その当時は子供ながらも大きな脱衣かごを一人で使える事が大人になったようで嬉しかったことをよく覚えています。
市場へ買い付けに行くとそんな銭湯の脱衣かごに出会うことが時々あります。それは廃業した銭湯のものだと味わいのある飴色に変化していますが、まだ新しいラタンの色をした未使用のデッドストック品に出会えることも稀にあります。


古い脱衣かごの場合は、たいていは埃をかぶっていたり、細いラタンが折れている事も多々あります。
そんな時はジャブジャブと水洗いをし、編み目に詰まった細かな埃を落とします。その後日陰干しし、そしてよく乾燥したらオイルで仕上げの手入れをします。
折れている箇所は、こんなかご編み用の素材を使って修理することもよくあります。


そんな工程を経て生まれ変わったかごを見ると、とても嬉しい気持ちになり、それをまたお客さんが手に取り、「素敵なかごですね」などと言ってくださった時は嬉しさも倍増です。


編み模様が美しい脱衣かごは横から見ても絵になるので、棚上などの収納にもおすすめです。
普段あまり使わないものを入れておけば、見た目にもすっきり片付きます。
すぐに散らかる子供のおもちゃやぬいぐるみの収納にもいいですね。出し入れしやすく、小さなお子様でも自分でお片付けできそうですよ。


ラタンの色合いや編み方、大きさも様々な種類がある脱衣かご。
どれも一点物のため自分好みの脱衣かごに出会えるといいですね。

オンラインショップはこちらから

 

←その他の「POTLATCH(ポトラッチ) 」の記事はこちらから
←その他の「今日のひとしな」の記事はこちらから

POTLATCH(ポトラッチ)

大阪府箕面市外院3-1-19
TEL:072-741-6656
営業時間:11:00~17:00
定休日:火曜、水曜
http://potlatch-minoh.com
Instagram:@potlatch_minoh

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ