水やりもせっかくならテンションが上がる逸品を! 英国のスプレーガン

今日のひとしな
2022.12.18

~「LIFETIME」より vol.18 ~

「格好良い、散水ホースリールセットがない!」 

創業から約20年、ずっと世界中を探し続けていますが、当店で販売したい! と思うものがなかなかありません。散水ノズル(シャワーヘッド)なら良いのがたくさんあるのに。散水ノズルは、英語では「Spray Gun(スプレーガン)」と言います。

本日の「今日のひとしな」は、製鋼業で有名な英国シェフィールドで1760年創業の老舗ツールメーカー・「Spear&Jackson(スピアアンドジャクソン)」の‟Spray Gun”をご紹介いたします。


7パターンのシャワー形状(MIST、JET、CONE、SHOWER、FLAT、CENTRE、SOAKER)はダイヤルを回して選びます。


散水はレバーを握るだけで簡単に操作ができます。指の形に沿う握りやすいラバーグリップ。真鍮コネクター(通称オス)は耐久性にすぐれ、長くお使いいただけます。


ただ、散水ノズルだけだと実際に使うことができないので、散水用ホース、コネクター(通称メス)、蛇口ニップルはご自身で探す旅に出ることになります。「面倒臭い」か「楽しい」かの分かれ目ですね。当店は、もちろん後者。

散水環境を整えることに限らずですが、この‟探す旅”を楽しめるかどうかは、暮らしの様々な場面において、もの選びの重要な基準の一つになってきます。丁寧な暮らしをしたいと言う人も、なぜか散水環境はまだまだ簡単便利なセットを求める声が多くて、「そこは丁寧に探さないんだ? アレ?」ってわたしなんかはなっちゃいます(笑)。それも、人それぞれですよね。ですが、せっかくなら、ここにもこだわってもらいたい!


とはいえ、「じゃあ、どうやっていいものを探すの?」とのご質問も多いので、探し方も簡単にご紹介。

まず、蛇口の外径に合う「蛇口ニップル」を探します。

次に散水ノズルに合う「コネクター(メス)」を。

最後に「ホース」です。

順番は逆でも問題ないですが、最初にホースを決めてしまうと口径が違って、サイズを調整するアダプターが必要になるので要注意です。

探してみると、コネクターと蛇口ニップルをプラスチック製と金属製のどちらにするかで悩むかと思います。プラスチックは割れやすいと思われがちですが、現在の技術は進化しているので材質はあまり気なさらずに。手軽に使える物も多いので良いですよ。

ただ、我が家では真鍮製の一択です。

真鍮は銅と亜鉛の合金で、同より強度が高く銅と同じように「緑青(ろくしょう)」が出るのが特長です。古い五円玉の緑っぽいアレです。緑青は錆の一種ですが赤錆と違い、表面に皮膜を作って内部腐食を防ぐ効果があるのです。屋外の銅像が錆びて朽ちないのは緑青に覆われているからなのですね。‟緑青好き”のわたしは真鍮パーツで揃え、庭の水やりのたびにニヤけてます(笑)。それが、私の楽しみなんですよね。


(ガーデニング仕事だけでなく、洗車にも使えますよ)

今日のひとしなは、‟ひと手間を楽しむ選び方”という視点でお届けしました。

 

オンラインショップはこちらから

←その他の「LIFETIME」の記事はこちらから
←その他の「今日のひとしな」はこちらから

 

LIFETIME/ライフタイム(京都)

住所:京都市北区紫野上築山町21
電話:075-415-7250
(※少人数での運営の為、お電話に出られない時があります)
営業時間:13:00~17:00
定休日:水曜、日曜
HP : https://lifetime-g.com/
instagram:@lifetime.kyoto

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ