「Kiokushi-騎憶士」…おすすめ帖 vol.90

おしゃれさんコーディネート
2022.12.17


『ナチュリラ』本誌でも、季節ごとのリアルクローズとそのおしゃれな着こなし方を提案してくださっている人気セレクトショップ「アナベル」。店主の伊佐さんによる「季節のおすすめ帖」連載コラムです。季節ごとのおすすめの品を月に1回、ご紹介しています。

photo:川本浩太 text:伊佐洋平 model:伊佐奈々


 


「annabelle(アナベル)」で10月に展示受注会を終えた「ASEEDONCLOUD(アシードンクラウド)」のデザイナー玉井健太郎さんは、本人の妄想から始まる物語が毎回のテーマとなり、その物語の登場人物に向けて洋服をデザインするというユニークなプロセスで服作りを行なっています。抽象的な言葉の羅列や直接的なメッセージなどがテーマになりやすいファッション界において、とても特異的な存在であることは間違いありません。ちなみに以下のようなお話が毎シーズン展示会の際に発表されるのです。ブランドから出されたものをそのまま掲載します。

・・・・・・・・・・・・

 

<Kiokushi-騎憶士>

ある地域には記憶の地図を作る職人がいる
この地域の人々は
お金や土地など自分が何を持っているか物質的な豊かさより
心や知性などの実体の見えないものへの価値が高まり
所有欲から解放され皆が移動をしながらの生活をおくっている

彼らには定住居が無く
地図という概念も時間という概念も無い
彼らは豊かな生活を送っているが
特別な日を思い出したい時 特別な場所を思い出したい時がある
そんな時は記憶の保管庫に向かう

保管庫には人々が捨てられずにいた思い出の品々が並んでおり
いつどこにあったものか記された地図と共に保管されている
人々はそこで思い出の品を探し
地図を手掛かりに思い出の地を訪れる

思い出の地を訪れ 一度記憶の原点に戻ると
彼らはまた移動生活を送る

どの土地にも遠い太古からの記憶が幾層にも折り重なっている
いまもなおそこにはっきりとあるもの
人々によって受け継がれているもの
既に何者かによって奪われ失われているもの
今回は、各地に落とされた記憶を丁寧に紡ぎ記憶の地図を描く職人のお話

 

・・・・・・・・・・・・

 

バイヤーに渡されるものやシーズンに入った際にお客様へ公開されるものはこれが全てなのですが、アトリエにお邪魔してゆっくりお話しすると驚くことがわかりました。それは登場人物へのリサーチや想像がこちらの想定を遥かに超えて詳細だったのです。今日は今季のテーマである記憶を拾い集める職人「Kiokushi」が拾い集めた記憶を書き留めておく作業をする際に着るブルゾンのご紹介です。

昔の蝋引きと同じような撥水効果が得られるパラフィン加工が施されたハーフ丈のブルゾンです。

 

高密度な平織の生地にパラフィン加工が施された生地は、独特なシワ感や白化した擦り跡のようなものが所々に見られるのが特徴的です。使い馴染んだ際には、ヴィンテージで見られるような味わいが出る、経年変化もお楽しみ頂きたい素材です。

 


襟はスタンドカラーになったり、開襟のように開いたり。

 

襟元にはトレードマークの刺繍がさりげなく。今回のテーマでは、ギリシャ神話の神・アトラースを指し示す意味合いも込められているようです。

 


玉井さんといえば「ポケット」というくらいポケットに特徴を持たせるデザイナーですが、今回のポケットもユニークです。こちらは脇から記憶を書き留めるためのノートを入れ、落ちないようにペンを刺して留める役割もある。

 

前立ての裏という特殊な場所にある切り込みのポケットは、騎憶士にとって重要な道具・ペンのストック用のポケットです。数十年経って玉井さんの洋服が、世界中の古着屋さんに並ぶ日が来たら、古着のバイヤーは頭を悩ませることでしょう。「これは一体何のためのポケットだ?」って。

 


さらに両脇にも道具をしまうポケットが多数。

 

中でもこれが面白い。古着好きの人やトラディショナルウェアが好きな人はピンときますね。そう、ハンティングジャケットなどに見られるゲームポケットに似ています。でも少し違います。

 

上のスナップを外して…

 


両脇のジッパーを下げるとこうなります。大陸を馬で駆け巡る騎憶士が地面に直接座る際のお尻敷きです。

 


袖口はこのように変形した折り返しになっていて、開くと内側のチェックとともにアームウォーマーのような形状で袖が延長します。アームウォーマーだと思いますよね? でもこれ、小指の部分が一番カバーされるように作ってあるのです。実は騎憶士がペンで書き物をした際に手が汚れないようにするためのハンドカバーを想定しています。そして先端についたループは、指に入れてハンドガードを固定すると同時に、星を頼りに移動する騎憶士が夜空から目印の星を探すときに補助的な役割を果たすループだそうです。驚きますよね? 全ての洋服のディテールにこういったエピソードがあるのです。

 


さらにこのブルゾンはリバーシブルです。こりゃ着ないな…なんていうリバーシブルも多いですが、これはちゃんと着そうですよ。

 


袖口は先ほどの反対に。

 


両脇と右胸にポケットがあります。

 


アジャスターを引っ張るだけで簡単にウェストを絞れますよ。

 



色はキャメルとダークグリーンの2色展開で、チェック柄は共通です。

 


ワンピースにセーターを重ね着て、その上から。

 


ロングワンピースはとりわけ相性が抜群でした。

 


こちらはキャミソール型のサロペットに羽織る感じで。

 


インナーにヤクのカーディガンを着て、防寒もバッチリ。

 


パラフィンコットン面の少しハードな印象とは裏腹に、上品さを感じるのがチェック面です。全く違う印象を受けるので、面白いリバーシブルではないでしょうか。

 


こちらはダークグリーン。妻に色々着てもらいながら、騎憶士の仕事について想像しました。厳しい気候の中も日々大陸を移動し続け、人々の記憶を拾い集め、書き留めて保管庫で管理する。几帳面であると同時に、タフで辛抱強くなければできない仕事です。

 

なかなかじっとしていられない整理整頓が大の苦手な妻には少し難しい仕事であることは確かです。

 


スタンドの襟を上まで閉めれば防寒に。

 


最後は同じワンピースコーデでリバースしチェック柄で。やっぱりこちらはちょっと上品です。帽子をやめて、ヒールを履いたらずいぶん変わることでしょう。色々なコーディネートを発見してください。玉井さんの物語の登場人物になったつもりで。

 

リバーシブルブルゾン:ASEEDONCLOUD ¥69,300(税込)

 

←そのほかの「annabelle(アナベル)」の記事はこちらから

アナベル

神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-20-1美しが丘アレービル104 
東急田園都市線たまプラーザ駅から徒歩5分
℡:045-482-4026
営業時間:11:00~20:00 水曜定休
http://www.f6products.com/
https://www.instagram.com/annabelle_104/

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ