岩手の南部鉄器「OIGEN(オイゲン)」

今日のひとしな
2019.04.03

~「AKOMEYA TOKYO」より vol.3 ~


「AKOMEYA TOKYO」では、たくさんのお米を取り扱っています。
お米の品種や育ててくれた農家さんによってなど、お米の味や美味しさはもちろん違います。

m0012
しかし、そのお米をより美味しく食べるには炊き方もとっても大切だと考えています。
「AKOMEYA TOKYO」がお勧めするのは土鍋炊き!
簡単で、ふっくら美味しく炊けて良い事ばかりなのですが・・・、IH調理器が使えない・・・
このお悩みの声を聴くことも度々ございます。

m0013
そこで、お待たせしました! IH調理器でも使用可能な厚底設計で、強度と耐久性に優れ末永くおいしいお米を炊くことができる南部鉄器をご紹介します。

m0010
m0011
OIGEN めしっこ 14,000円 ※価格は2019年4月現在、税抜き

岩手の南部鉄器メーカー及源鋳造で作られたごはん鍋。IH調理器でも使用可能な厚底設計で、強度と耐久性に優れ、末永くおいしいお米を炊くことができます。鍋のフチを高くして密閉性を高めることで、ごはんのうまみを逃しません。蓋・本体共に内部はホーロー加工を施しており、ごはんの変色を防ぎ、サビの心配もなし。高性能ながら、どこか懐かしい、“めしっこ”です。(3合炊き。)

そして、3/30(土)にオープンした「AKOMEYA TOKYO in la kagu 神楽坂」では、5月下旬まで「OIGEN」の商品を一堂に展開しております。ごはん鍋はもちろん、南部鉄器の鉄瓶やお鍋などなど多数ご覧いただけます。ぜひ、この機会にお越し下さい。

←その他の【AKOMEYA TOKYO】の記事はこちらから

→お店の紹介はこちらから

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ