こだわりの食器とお盆で美味しく魅せる食卓を

今日のひとしな
2019.04.20

~「AKOMEYA TOKYO」より vol.20 ~


m0010
少しずつ食器を揃えるのってワクワクしますよね?美味しいごはんを、より楽しむために食器をこだわってみるのはいかがでしょうか。銘々皿とお茶碗をご紹介します。

m0015
織部鉄錆四角銘々皿 /赤絵鉄絵四角銘々皿 ¥1,800
※価格は2019年4月現在、税抜き(以下同)


m0011
南窯は土岐市駄知町で土の配合や釉薬等も自社で調合し、釉薬の色の深い味わいが特徴の窯元です。今回は鮮やかな織部釉薬を使用し、上絵付も一筆一筆丁寧に描いています。ひとつひとつ手づくりで作る窯元の特別なお皿で楽しむ食事は至福のときです。

m0013
森里氏お茶碗 森里博信 小花文様印花飯椀 ¥2,300/¥2,500

m0012
どんな料理も美味しく魅せるお茶碗は、「三島手」と呼ばれる朝鮮半島李朝(りちょう)時代の前期を代表する陶芸の技法。とても技術のいる印花(花の形の印)を製作するのは、伊賀を拠点に活動する森里博信さん。和洋中どんな料理にもマッチするのも嬉しい。

m0014
お膳トレー ¥6,000
料理が映えるシンプルな美しいお盆。原木の加工から塗装までの一貫生産で、製造販売を行っている薗部産業で指物職人が端正に仕上げました。栓の木の木目が美しく、しっかりと硬くて密な質感が魅力です。

 
←その他の【AKOMEYA TOKYO】の記事はこちらから

→お店の紹介はこちらから

AKOMEYA TOKYO 銀座本店

東京都中央区銀座2-2-6
TEL:03-6758-0270(店舗)
営業時間:11:00~20:00
     11:00~21:00(金・土・祝前日)

https://www.akomeya.jp/
Instagram:@akomeya_tokyo

 

3/30(土)オープン!
AKOMEYA TOKYO in la kagu 神楽坂
東京都新宿区矢来町67

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ