愛くるしい表情が魅力的な陶磁器、「尾崎人形」

今日のひとしな
2019.06.17

〜CDC(シーディーシー)より vol.17〜

 
「尾崎人形」は、佐賀県・神崎町尾崎西分地区に伝わる焼き物の人形で、現在でも広く親しまれている陶磁器です。
 
土のぬくもりを感じさせる土笛は虫下しの効果もあるとされ、子供の健やかな成長を願うお守りでもありました。現在は唯一の作家である、高やなぎさんの手で一つ一つ丁寧に作られています。
 web-kiji0004

こちらは「尾崎人形」を代表する‟鳩笛”。
 
「尾崎人形」の伝統色である、赤・青・黄色を配色した綺麗な色使いと、可愛らしい表情が魅力的。首を少し横に向けた姿は、ほかの土笛にはないチャームポイントです。
 web-kiji0001
 
手にちょこんと乗るサイズ感が何とも愛らしいですよね。素朴な「ホー、ホー」という笛の音色は一つ一つ違っていて、それぞれから独特の哀愁を感じることができます。
 web-kiji0002
 
こちらは、どこかスタイリッシュな雰囲気を感じさせる、‟カチガラス”。カチガラスとはカササギの別名で、「かちかち(勝ち勝ち)」と鳴くので佐賀県では大変縁起の良い鳥とされているそう。
 
くりくりっとした目とちょっととぼけたような表情が可愛らしいですよね。
 web-kiji0003
 
ひとつひとつに個性のあるあたたかな雰囲気のオブジェクトは、眺めているだけで愛着が湧いていきそう。

ご自宅のインテリアとしてはもちろん、縁起物・贈り物としてもおすすめです。
 


←お店の紹介からはこちらから

←「CDC」のその他の記事はこちらから

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ