おにぎりともずくスープの朝ごはん

器店主の朝ごはん
2019.08.25

「器と暮らしの道具OLIOLI」金澤美香さんvol.4


こんにちは。宮崎県日向市の「器と暮らしの道具OLIOLI」の金澤です。
8月の朝ごはん、いよいよ最終回になりました。どうぞよろしくお願いいたします。

5-1
小さい頃、母が握ってくれたおにぎり。
塩加減が抜群で、自分で作ってもなかなかその味にはなりませんが、海苔と美味しいお米があれば大丈夫。

 銀彩リム線文楕円プレートS / 中坊優香さん

5-2
我が家のごはんは7分づきのお米にもち麦、黒米を合わせています。モチモチっとしていて具がなくても十分美味しい。この日はいただいた明太子を添えました。
毎日のように登場するもずくは、お味噌汁やスープに入れるとまた違った美味しさです。

5-3
加藤あゐさんの黒いお皿は、洗練された曲線の美しさがあり、料理も映える優れもの。
少し深さもあるのでサラダをのせました。
村上直子さんの手びねりボウルにはスープを入れたり、小鉢として使ったり、時にはコーヒーにも。
四角いプレートは新しくお取り扱いさせていただく事になった水谷智美さんの器。色合いと石のような質感に惹かれました。パンやおにぎり、和菓子や洋菓子、焼き魚にも合います。
馬場勝文さんの錫の蓋の醤油差し。お店ではご購入前に水切れを試していただいておりますよ。

5-4
ワンプレートにするときは7~8寸のお皿を使います。
カップはスープマグや大きめのマグを使うことも多いです。

 ブロンズしのぎ8寸皿 / 小澤基晴さん
 貫入切立マグ / 林拓児さん

5-5
おにぎりをのせるのに丁度よい、我が家の小ぶりな楕円の器たち。

右上から時計回りに

  織部枝紋オーバルS / 大沼道行さん 
  藍白オーバル皿S / 佐野元春さん
  白釉楕円皿 / 林拓児さん
  リムオーバル / 馬場勝文さん
  貫入菊楕円皿 / 林拓児さん
  鉄釉オーバルS / 遠藤素子さん


4回にわたって担当させていただいた8月の朝ごはん。
ちゃちゃっとできる簡単なものばかりでしたが、器によって助けられているなあ...と改めて感じた1ヶ月でした。
お付き合いいただきありがとうございました!


→「器と暮らしの道具OLIOLI」の記事はこちらから

→その他の『器店主の朝ごはん』はこちらから

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ