見た目も機能性もバツグン 加賀雅之さんのpan皿

今日のひとしな
2020.07.27

~ 「sauk」より vol.27 ~

本日は岡山でご制作されている木工作家、加賀雅之さんの作品から。
 
 
出会いは数年前のイベント、「にわのわ アート&クラフトフェア・チバ」で。出展作家さんのリストを見て気になっていて、色々調べていたら加賀さんのブログが面白くて……みたいな始まりでした。

当日実際にブースで色々と拝見し、いくつか購入して、やはり間違いないと思ってそのままお声掛けさせていただきました。素敵な作品がたくさんあるのですが、わたしが頻繁に使用しているpan皿について触れさせてください。
 
 
まず、もう、見た目が好きです。手仕事感が全面的に出ていないところが好みで。パンだろうが何だろうが好きだから買う! みたいな勢いだったのですが、これはなぜpan皿なのか……そう、これから購入される方は是非トーストを乗せてみてくださいね。
 
 
まず見た目が良いので(何回言うのでしょうか)、トーストが美味しそうに見えます。そして木の持つ特性で、蒸気を吸い取ってくれるので、最後までカリっとした食感を楽しめます。見た目から入りましたが、道具としての機能性も抜群。言う事ないですね。
 
 
朝はトースト派の皆さま、是非朝食のお供にpan皿を。
 

←その他の「sauk」の記事はこちらから

岡の
Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ