‟自分らしい”暮らし方をご提案! 「YARD」のオリジナル家具

今日のひとしな
2021.01.16

~「YARD」よりvol.16 ~

1月16日土曜日。おはようございます。「YARD」たなかです。今日は少しだけ自己紹介をさせていただきますね。

私は事務職をしていた26歳の時にインテリアコーディネーターの資格をとり、そのまま建築業界に入りました。そして今から14年前の33歳の時に夫と会社「COM-HAUS(コムハウス)」を始め、今に至ります。

当店、ライフスタイルショップ「YARD」を運営している会社「COM-HAUS」は建築事業部・ライフスタイル事業部と二つの事業部から成り立っています。新築・リノベーションを行うのが、建築事業部。「YARD」(カフェ・ショップ)はライフスタイル事業部ということになります。いつも「YARD」にお越しいただくお客様でもご存じない方もたくさんいらっしゃると思います。

私は、「YARD」のショップやカフェでお客様をご案内したり、「COM-HAUS」建築でインテリアコーディネーターとして打ち合わせを重ねたりして、「YARD」のコンセプトである「365日の衣食住遊」を身をもって楽しんでいる日々です。

「今日のひとしな」は「YARD」店舗にも立つインテリアコーディネーターとしてオススメしたい「オーダー家具」についてご紹介です。

・「あと10cmあったら隙間がなくていいのにな」
・「ここの空間にぴったり合ったテレビボードならいいのにな」
・「自分好みのオリジナルキッチンにしたいな」

毎日暮らしながら思う、“こうだったらいいのにな”を叶えてくれるのがオーダー家具だと私は考えています。今日は、建築事業部のスタッフ6名の自宅の「オーダー家具」をご紹介します。

最初に、営業スタッフの川原邸。2階リビングの大空間です。

キッチンの後ろにはカウンタータイプの収納家具を作りました。「なぜオーダー家具にしたの?」と聞くと、「既製品ではこのサイズはなかったからですね」、と。なんとこちら、幅が4mほどもあるキッチンカウンターなんです! 空間に合わせてサイズを決められるのがいいですよね。収納力もたっぷりで、ごちゃつきがちなキッチンもいつもすっきり保つことができます。

リビングの一角にあるファミリールームには本棚とカウンターを造り付け。いいですね。こういうコーナーはお子さんがいらっしゃる方にも好評で、宿題を見てあげつつ自分も作業をしたり……と便利ですよ。

次は営業の宰川邸。こだわったのはやはりキッチン背面の家具! 天井まである大きな大きな収納家具です。

扉の色はグレーで決まっていたけれど、トーンを明るくするか暗くするかどの色合いにするか、すごく悩んだそうです。好きな色にこだわれるのもオリジナルの醍醐味ですね! ダイニングのインテリアとも相性バツグンの家具になりました。

次は、コーディネーターの米野邸。シンクとコンロが別々になっているキッチンスタイルです。

シンクの後ろにすぐコンロがあるので、‟一歩の距離”で調理が完結するのですごく使い易い! と言っていました。うらやましい。天板仕上げはモルタルですね。もちろん撥水加工してあります。扉は全部オーク材です。

米野邸も、キッチンからダイニング、リビングまでのインテリアに統一感があり、なかなかよい雰囲気ですよね。お手持ちの家具の雰囲気に近づけることができるのも、オリジナル家具のいいところ。



つづいて、設計工務の可児邸。こちらは、マンションをリノベーションしています。

リビングの壁一面は、間接照明と棚一枚のテレビボード。オーダー家具とは違いますが、こんなこだわりもできちゃいます。

洗面台もオリジナル製作。すっきり置きタイプの洗面ボウル。「お掃除も簡単ですよー」とのこと。壁付けの水栓もすっきりしていていいいですよね。シンプルだけどあたたかみがあるデザインが、彼らしいな~と思いました。

営業の橋本邸。玄関入ってすぐに置かれたカウンター収納。

近くに大きなシューズクロゼットもあるので、お客様をお迎えする玄関には、カウンターや飾れるスペースがある壁が欲しかったそうです。壁についてるライトも橋本邸オリジナルです。本当に、なんでも作れちゃうんですよ。

そして最後は、我が家です。

最後にもってくるほどの立派なものではありませんが(笑)。テレビボードと洗面台などをオーダー製作しています。テレビボードはスッキリとさせたくて白をベースにしました。カウンター広めの洗面台は、家族の下着やパジャマ、タオル、日用品のストックまで、全部ここに収まってます。

好きなテイスト、好きな素材、好きな大きさで創れるオリジナル家具は、インテリアもしっくりまとまります。既製品に比べるとお値段は少し高く感じられるかもしれませんが、自分らしく暮らしたい方には本当にオススメしたい「ひとしな」です。

※オリジナル家具のご相談は「YARD」1階にある「gallery(ギャラリー)」までお越しくださいね。インテリアコーディネーターがお話伺います。

 

→その他の「YARD」の記事はこちらから
→その他の「今日のひとしな」の記事はこちらから

YARD

住所:熊本市東区神水本町27-21
TEL:096-285-6592
※cafeご予約 096-285-6591

営業時間:11:00-18:00
※cafeラストオーダー 17:00

定休日:水曜日
https://www.com-project.jp/com/
instagram:@yard_haus
オンラインショップ:https://www.yard-online.com/

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ