“片づかない” もやもや やまぐちせいこさん Vol.1

暮しのもやもやを、整える
2019.06.03

そこにあるものをとりあえず段ボール箱に入れて棚ひとつ、拭くことからなら始められる。

大事なのは、自分がダメなところを受け止めて、「今、できること」を見つけることだと思います。

03-1
押し入れは、ふすまを外して出し入れのアクションを少なくすれば、もとの場所に戻すのが億劫(おっくう)でなくなる。自作の棚を組み込み、かごや木箱でリビングで使うものの定位置に。掃除がしやすいようソファは処分し、必要なときだけ折りたたみ式の椅子を運んでくる。

 

築80年という古い一軒家に家族4人で暮らすやまぐちさん。玄関を入ると、艶やかなあめ色の廊下が続きます。リビングに入ると、その〝すっからかん?っぷりにびっくり ! ふすまを外した押し入れも、半分以上がからっぽ。

「インテリアが大好きで、かつては北欧雑貨など、あれこれ買って飾っていた時期もありました。子どもは、朝になると、しょっちゅう探し物をして癇癪(かんしゃく)を起こすし」

そんな時期があったなんて、今の暮らしからは想像もつきません。いちばんもやもやしたというのが、息子さんを出産したあと。

「子どもを産むと、寝られないし、本も読めない。あとからわかったのですが、発達障害があり、人一倍手がかかったんですよね。仕事をしたくて、外へ出て行こうとすると、子どもの具合が悪くなったりと、ブレーキがかかってイライラ。育児に家事に仕事。どれも自分の人生にフィットしない。どんどん自分が嫌いになっていきました」

当時は、掃除も苦手で、テレビボードの上にはいつもホコリがたまりっぱなし。そこで、まずは、箱1個を用意して棚の上のものをしまってみました。

03-3
「無印良品」のワイヤーかごの中には、頻繁に使う綿棒や爪切り、やまぐちさんのメイク道具などを収納。薬は用途別に分けて、上面にラベルを貼り、すぐに取り出せるようにしておく。

 

03-4
カメラやパソコンの電源コードや充電器、電池などは、それぞれケースに分けて。家族にもわかりやすいしまい方にすることが大事。電池などのストックも最小限にして持ちすぎない。

 

03-5
ゲームソフトやコントローラーなどは、木箱にざっくり収納。ここは、定位置に戻せばよし、と割り切る。テレビ台は木の板で手作り。長さを調整すれば、どんな場所でも収まる。

 

「暮らしのもやもやを、整える」より
photo:亀山ののこ text:一田憲子

→Vol.2につづきます

←その他の「暮らしのおへそ」の記事はこちらから

Profile

やまぐちせいこ

Seiko Yamaguchi

ミニマリスト。夫、16歳の長男、14歳の長女と大分県に暮らす。片づけが苦手な長女の助けになりたいと、整理収納アドバイザー、ライフオーガナイザーRの資格を取得し、収納サービスを開始。ブログ「少ない物ですっきり暮らす」。
http://yamasan0521.hatenablog.com

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ