建築家とつくる、コンパクトに暮らす終の棲家

大人の住まい替え
2019.07.24

連載「大人の住まい替え」では、これからの暮らしを見つめ直した先輩方の住まいをご紹介します。今週お届けするテーマは「建築家とつくる住まい」。新鮮なアイデアと意図あるデザイン力に富んだ建築家がつくる住まいは、他にはない独自の仕掛けや工夫が多数。マンツーマンで作り上げるからこそできる、自由な発想でこだわり満載の家ばかりですよ。


子育てを終えたSさん夫妻の場合


m0012
今回ご紹介するのは、子供が独立したことをきっかけに終の棲家を計画した、Sさん夫妻の住まい。もともと暮らしていた2階建ての大きな家から、木造平屋建ての小さな家へ住まい替えを行うという決断をするまでには、長い年月を要しました。暮らしのスケールを小さくすることにずっと不安を感じていた夫妻の背中を押したのは、建築家の窪江健さん。本日はSさん夫妻の終の棲家が完成するまでのストーリーをお届けします。


決断まで2年かかった、小さな家への住み替え

m0013
「大きな家から小さな家に。部屋数が減れば、これまでできたことができなくなる。狭い=不便で、全てがマイナスという印象でした」と、Sさん夫妻は振り返ります。

近所に住む子ども家族が時々遊びに来ることあっても、基本は夫婦の二人暮らし。今の家の大きさを変えずに住み替えを行うとなると、予算オーバーになってしまう。一方、小さな家への住み替えは不安を感じるばかり。自分たちに合う家のサイズについて、Sさん夫妻はずっと悩んでいました。

そこで窪江さんは、総2階の住まいを提案しつつ、1年半~2年をかけてゆっくりゆっくり、Sさん夫妻にとっての丁度良い家のサイズを探していきました。小さな家に対する夫妻の不安を解消するため、通常よりも大きな模型を作りスケール感をわかりやすく説明したり、小さな住宅のオープンハウスがあれば招待して実際に見てもらったりしました。


収納スペースをたくさんつくり、不安を解消

m0014
さらに窪江さんは、モノがしっかり収まる収納をたくさんつくるプランを提案しました。小さい家でも暮らしやすく、機能性を高めるためです。例えば、玄関横にシューズクローク、キッチンには多くの引出し収納と棚、寝室横にはゆとりのあるウォークインクローゼットなど、このほかにも家のあらゆる箇所に収納スペースが設けられました。



m0015
「一つ一つの収納は決して大きくありませんが、分散して配置することで、必要なモノが必要な場所に収納できます」と窪江さんは話します。

丁寧な説明とヒアリング、そして一歩一歩ゆっくりと進めるプランニングで、Sさん夫妻の暮らしにぴったり合う木造平屋建てプランへとたどり着きました。

そしてSさん夫妻の次なるリクエストは、終の棲家だからこそ多くの人が叶えたいものでした。

 

同じ空間でも、それぞれの居場所があるLDK

m0016
夫婦の終の棲家ということもあり、窪江さんが意識したのは「一つ屋根の下、同じ空間ながら、それぞれの居場所がある家」。例えば、LDKのなかでも東側は腰窓から外を眺めて休憩できる場所に。一方、キッチン側は掃出し窓でデッキとつながった、より外向きの場所に。畳の小上がりはゴロリと寝転ぶのに最適で、ここは引き戸を閉じることで個室にもなります。

m0017
「全ての部屋がLDKとつながった開放的な間取りですが、お互いの気配を感じながらも、それぞれに居心地の良い場所がいくつかできるようにプランニングをしました。長年連れ添った夫婦といえども、常に一緒にいて、同じことをしているわけではありませんからね」


片づいているように見える、デザインの秘密

m0018
そして、窪江さんの頭を最も悩ませたのが「片付けが行き届かなくても、散らかった印象を受けないようにしてほしい」というSさん夫妻からの要望でした。その願いを叶えるための工夫が、家のデザインに隠されています。

「“存在感のある黒いボックス状の壁が屋根を支える”というシンプルな構造を強く印象づけました。そうすることで、他の細かな部分には目が行きにくいのです。また、家具や建具をあえて装飾的にしてスッキリしすぎないことで、モノが多少出ていても気にならないように感じられるようにしました」


m0010
床はオークの無垢材で床暖房。壁は珪藻土で、天井は檜の羽目板と、自然素材をたくさん用いた空間は、心地よさと快適さも兼ね備えています。小さな家への不安を解消し、暮らしに寄り添う新しい「終の棲家」を得て、Sさん夫妻の充実した第二の人生はスタートしました。


■間取り図

m0011


居住者構成: 夫妻
敷地面積: 390.09㎡
延床面積:113.97㎡
建築事務所:窪江建築設計事務所
撮影:刀祢平 喬


→その他の「大人の住まい替え」の記事はこちらから

*************************************************

お問い合わせ先:『KLASIC』
『KLASIC』は、リノベーションや家づくりを計画する際、相談できる建築家を探したり、仕上がりをイメージするために実例を見たりすることができる建築家ポータルサイトです。 

 

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ