【香菜子さん連載】vol.33 自分らしいローマ字を書くこと【後編】

香菜子さんの、日々にピタリなもの
2019.08.09

 

←【前編】はこちらから


今回の「日々にピタリなもの」では、自分らしいローマ字を書くことの楽しさをお届けしています。せっかくですから、香菜子さんが実際に書いた文字、他にも見せてくださーい。

 P7180509
わお、アーティスティック!!! さすが香菜子さん。イラストとの組み合わせが素敵です。普通のA4のコピー用紙に書いた習作なのに、フレームに入れて飾りたいような完成度!

P7180513
香菜子さんがお手本にしているのは、古本屋さんで探した洋書の字体見本。好みの字体を参考に、ローマ字を書き連ねているそう。

P7180510
ただのローマ字と数字の羅列なのに、なぜかおしゃれ……。これもフレームに入れて飾りたいー。

P7180536
カリグラフィの本も、もちろん参考に。ずっと眺めていても飽きないほど、めくるめく世界なのです……。

P7180554
「それから、ローマ字教室では、もうひとつのお楽しみがあるんです。それは先生が毎回、プレゼントしてくれる素敵な“紙”。もったいなくて使えないんですけどね」

P7180560
そういって香菜子さんが見せてくれたのは、大切にファイリングしている紙たち。この小さな四角い穴が並んだ不思議な和紙は、小さく折りたたむことができます。

P7180542
こちらは、キリリとした赤&黒が格好いい封筒とカードのセット。ここぞというときに使ってみたい大人の紙ものですね。

P7180558
真っ白さとシンプルさが美しい折形も。
「端正な美しさに、とても惹かれます。折形はいつか習ってみたいことのひとつです」

P7180564
カラーリングが絶妙な名刺サイズのカードは、メッセージカードとして使えそう。


手書きのローマ字と、素敵な紙ものたちによって、香菜子さんの創作意欲がどんどん高まっているこの夏。もしかしたら、主宰しているプロダクトブランド「ホテルヴィルヘルムス」から、秋ごろに新たなる作品が生まれるかもしれませんよ。乞うご期待~!!!

 


→その他の香菜子さんの記事はこちらから

Profile

香菜子

Kanako

モデル、イラストレーターとして活躍する傍ら、ホテル備品をイメージしたプロダクトブランド「ホテルヴィルヘルムス」を主宰。著書『香菜子さんの服えらび。』(主婦と生活社刊)も好評発売中。
https://vilhelms.thebase.in/
Instagram「@hotelvilhelms

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ