水洗いも油もOK! 山口和弘さんの木の器

編集部ブログ
2020.07.07

こんにちは。インスタグラム担当のウメダです。

ここ数年、断捨離をして食器類をかなり処分したのですが、久しぶりに器を新調しました。

以前、「おへそ展」にも出ていただいた山口和弘さんの木のオーバル皿です。木の器は、盛りつけられるものが限られると思い込んで、なかなか手が出なかったのですが、なんて美しい楕円のリム(縁)! と目が奪われました。シンプルですっきりしたフォルムに程よく残るノミの跡。そのバランスが絶妙で、久しぶりに「器を買いたい」という気持ちになりました。

はじめはバゲッドなど乾いたものを載せていたのですが、「岡の」の店主・片岡亜紀子さんの「サラダにも、パスタにも使えますよ」という声に背中を押され、サラダ皿として使ってみました。くるみのやさしい木の色に、グリーンが映えて美味しそう!(私は野菜を切っただけですが、、、)

 

使った後は、食器用洗剤で洗ってから、水気をふき取って、立ててしっかり乾燥させると良いそうです。使ってみてわかったのですが、木のお皿は軽いのもいいですね。陶器と比べてこの大きさ(長辺で30cm弱くらいあります)でも、片手でらくらく持てます。

 

編集部は、在宅勤務を軸に週に1回~2回出社したり、コロナ対策をしながら取材に出かけたりしています。外に出るときはマスク着用、帰ってきたらまず手洗い。そんな生活もずいぶん慣れてきましたが、東京の感染者がジワリと増えていることもあって、出かけるときはやはり少し緊張します。

 

心も体もギュッと力が入って疲れているときこそ、美しいものに触れるといいですね。皆さんが癒される“暮らしの道具“は何ですか?

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ