「アーバンリサーチ」JAPAN MADE PROJECT “TOHOKU”から海産物カラーを表現した「ISHINOMAKI SHIRT」が登場

【金曜更新】おでかけ&お買い物情報
2021.03.12

「URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)」が地域活性化を目的として日本各地の企業やクリエイターと共にその土地の魅力を発信していくプロジェクト「JAPAN MADE PROJECT(ジャパン メイド プロジェクト)」。

2015年10月にスタートした JAPAN MADE PROJECT “TOHOKU” の第6弾目として「ISHINOMAKI SHIRT」と名付けられたバスクシャツが3月11日に登場しました。


これまではシーパーカーやプロユースの漁師ウェアなど漁師を中心に水産関係者へ向けたファッションが発表されてきましたが、震災から10年を迎える本年は「東北を中心とした生産背景でものづくりを行い、石巻を中心とした東北のみなさまにとってのスタンダードになってほしい」そんな想いを「ISHINOMAKI SHIRT」という名前に込めて、海とともに生きる(=石巻で生きる)人に向けたプロダクトを目指したそうです。

今作では第1弾目からコラボレーションを展開してきた東北の若手漁師集団「FISHERMAN JAPAN(フィッシャーマン・ジャパン)」に加え、仙台発祥のカットソーブランド「Tieasy Authentic Classic(ティージーオーセンティッククラシック)」も協力。漁師や船乗りをルーツとするファッションアイテムであり、現代ではファッションの定番アイテムとして多くの方に愛されている「バスクシャツ」を製作しました。



宮城の水産品「鯖」「雲丹」「鮭」「牡蠣」を表現した絶妙なカラーリングに、役場で働く女性から体格の良い漁師まで多くの人が着られるよう、現地の方の意見を取り入れながら程よいオーバーサイズに仕上げ、ユニセックスで着用できる2サイズ展開になっています。


また袖には3社のコラボレーションの証として特別に制作されたタグも。一般的なTシャツの3倍の高密度で編み立てられ、頑丈なのに繊細で丁寧な日本の伝統技術を感じることができるコットン生地を使用し、糸の長さ・太さ・形が不規則なスラブ糸で編んでいるので生地の表面には凹凸があり肌触りが良いのが特徴です。


また今作のリリースに合わせ、石巻の方々の協力のもとに作成されたスペシャルムービーも公開中です。ぜひご覧になってみてくださいね。

<ISHINOMAKI SHIRT>
URBAN RESEARCH×FISHERMAN JAPAN×Tieasy Authentic Classic

価格:\11,880(\10,800 +tax)/ \12,980(\11,800+tax)
サイズ:4 / 5 ※ユニセックス
カラー:
牡蠣 WHITE / 鮭 PINK (無地)
鯖 BLUE / 雲丹 YELLOW (ボーダー)
販売店舗:
アーバンリサーチ KYOTO、アーバンリサーチ エスパル仙台店、アーバンリサーチ ストア 東京スカイツリータウン・ソラマチ店、アーバンリサーチ オンラインストア

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ