夏にかかせない道具『かご・ざる展』が東京・高円寺で開催中

【金曜更新】おでかけ&お買いもの情報
2019.07.19

日本の夏にかかせない道具といえば、“かご・ざる” ですよね。冷た~い麺や、茹でたとうもろこしをざるに乗せれば一気に夏の香りが漂います。花火大会やお祭りには浴衣とかごを合わせておでかけすれば、暑さや湿気も気にせずうきうき楽しい気分で過ごせそうです。

以前、デイリー連載「今日のひとしな」を担当してくださった東京・高円寺にある「cotogoto(コトゴト)」では、毎年恒例イベント『かご・ざる展 ~自然素材の夏の道具~』が今年も開催中です。

kagozaru2019
4回目となる今年は、藁や菅(すげ)を使用したものや、長野県の戸隠地域の竹かごなど、新しく取り扱う素材や産地が増え、より充実したラインナップに。150種類以上のさまざまなかたち、大きさ、素材のかごやざるなどが大集合し、さらに見ごたえのある内容になっているそうですよ。

mutsumekago_2
laundrybasket_2
おいしいものを盛れば夏バテなんでどこへやら、食卓が映える“竹ざる”をはじめ、生活の様々な場面でお役立ちの“竹の収納かご”や、かご好きさん必見の“あけびのバッグ”など、自然素材でできた様々な道具が並びます。

marubonzaru_1
毎年たくさんのラインナップで人気の『かご・ざる展』。ぜひ、夏を涼やかに過ごせるお供を探しに遊びに行ってみてはいかがでしょうか。昨年開催時の様子や、詳しいラインナップなどはコチラからチェックしてみてくださいね。

かご・ざる展 ~自然素材の夏の道具~

会期:2019年7月19日(金)~8月6日(火)無休
時間:11:00~20:00
会場:cotogoto(コトゴト)
東京都杉並区高円寺南4-27-17-2
https://www.cotogoto.jp/
Instagram:@cotogoto.jp

marubonzaru_3

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ