お風呂をテーマにしたイベント『「浄める 癒す」ここちよいお風呂の名品たち』が東京・京橋で開催中です

【金曜更新】おでかけ&お買いもの情報
2019.12.13

寒い日が続いていますが、体が冷えてしまった時やクタクタになった1日の最後を暖かく癒してくれるのは、やはりお風呂ですよね。

「LIXIL(リクシル)」が運営する文化施設 LIXIL:GINZA では、“お風呂”をテーマにした展示販売イベント「『浄める 癒す』ここちよいお風呂の名品たち」が開催中です。

simage
「浄める 癒やす」をキーワードに、体を清潔に保つためだけではなく、癒やしの空間でもある日本の風呂空間を、楽しく豊かに演出する名品を紹介するそう。木曽の檜でつくられた風呂椅子、国内生産にこだわった軽くて丈夫な籐のかご、なめらかな肌触りであたたかく包むタオル、伝統工芸「熊野筆」の真髄を受けついだ山羊毛のボディブラシなど、日本のものづくりの精神が息づく約70種もの商品が揃っていますよ。

s3
期間中には石けん、香水&バスオイル、塗香(ずこう)、トリートメントキャンドルなど、素材を研究しながら丁寧にものづくりをしている4人のクリエーターと会話をしながらアイテムが選べる機会も。つくり手と直接お話しすれば、より安心して製品を使うことができますよね。

s1
なかでも注目なのが「PLANT neut」代表・SHOKOさんが作る「Neut-Soup(ニュート ソープ)」の石けん。小さいころからアレルギー体質だったSHOKOさんが、敏感すぎる自分の肌と向き合い、自宅のキッチンで研究・開発したという石けんは、新鮮なオーガニックオリーブオイルから作られ、肌に負担をかけず汚れを落としつつ、洗いあがりにはきちんと潤いを残してくれるそうですよ。

12月23日(月)11:00~17:00には、SHOKOさんが会場にいらっしゃるので、ぜひ使い心地を体験してみてくださいね。

shokosan

そして、来週12月20日(金)発売の『ナチュリラ vol.48 2019-2020 冬号』では、モデルとしても活躍しているSHOKOさんに素敵な冬の着こなしを披露していただいていますよ! ぜひお手に取ってみてくださいね。

 

つくり手と暮らしをむすぶ
「浄める 癒す」ここちよいお風呂の名品たち

会期:~2020年3月3日(火)
会館時間:10:00~18:00
休館日:水曜、12月28日(土)~2020年1月5日(日)
会場:LIXIL:GINZA 1階
東京都中央区京橋3-6-18 東京建物京橋ビル
入場料:無料
協力:ゲストキュレーター 小沼訓子(組む「東京」

そのほかイベントに関する詳細はコチラから。

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ