「今日のひとしな」1月の担当は「糸と樹」

今日のひとしな
2019.12.31

2019年も残り半日となりました! 皆様いかがお過ごしでしょうか? 今年も「今日のひとしな」をご愛読いただき、ありがとうございました。来年もたくさんの素敵なお店さんに、おすすめアイテムを紹介していただく予定ですので、お楽しみに~。

そして、年明け1月1日から担当してくださるのは、広島県にあるライフスタイルショップ「糸と樹」です。お店に並ぶのは、機能性にも優れた、シンプルで長く使える日用品や生活雑貨が中心。店主の網岡さんご夫婦が、実際に使ってみての感想も入れ込んでコラムを書いてくださっています。1年の始まりだからこそ、明日からの連載を参考に、暮らしまわりの道具を見直すいい機会かもしれませんね。本日は一足お先に、お店のことをご紹介します!


s-010
網岡さんご夫妻はそれぞれ神戸で家具の販売や雑貨店での勤務などを経て、自分たちのお店を始めるにあたり、ご主人の地元である広島市へ移り住みました。お店の場所に選んだのは、広島駅から路面電車に乗り約20分、街から少し離れた「本川町」で下車してすぐの場所。

s-009
「歩いてすぐの場所には平和記念公園があり、川が流れ、路面電車も走っているという、広島らしい場所で、お店をスタートさせたくて」と網岡さん。

s-001
そして2014年に「糸と樹」がオープンしました。訪れる際はこちらの看板を目印にしてくださいね。

s-003
4階まで階段を上り、扉を開けると……

s-005
小さなお店ながらも、シンプルで美しい見た目だけではなく、使い勝手もいい日用品がずらりとたくさん並んでいます! こだわりのものづくりを行う国内外のメーカーから、網岡さん自身が使ってみて「確かにいい」と厳選したアイテムばかりが揃います。

s-006
「時代は変化しても変わらない良さがあり、長く丁寧に使い続けることができる定番のひとしな。そんなアイテムを中心にセレクトしています。生活にそっと寄り添い、気持ちが豊かになる時間と空間を少しでも提案できれば、嬉しいです」

s-004
中でも人気なのは、分解できるキッチンバサミなどの台所道具やウールダスターといった掃除道具。「毎日使うものだからこそ、お気に入りのデザインや使い心地がいいものなど、その一つがあるだけで、暮らしがぐんと楽しくなりますよね」と網岡さん。そんな日々を上質にしてくれるものを求めて、地元の方だけではなく、多くのお客さんが訪れるそう。

s-007
「糸と樹」という店名は、日本語の音の響きや、異なる素材を組み合わせたいという想いからつけられました。そのこだわりは内装にも。コンクリート打ち放しの床や白壁、木のぬくもりが伝わる棚、スチールのラックなど、異素材がうまく調和し、落ち着きのある空間が広がっています。

「理想としている内装はまだまだですが、少しずつ手を加えていきたいですね」と網岡さん。よくよくお話を伺うと、内装の一部はDIYでつくったものだそう! ほっこりした雰囲気の秘密は、こうした工夫にも隠されていたのですね。


s-008
おだやかな口調で一つ一つ丁寧に説明をしてくださる網岡さんの人柄と同じく、和やかな空気感に包まれている「糸と樹」。広島市を訪れた際には、ぜひ足を運んでみてくださいね。そして、明日からの「今日のひとしな」もお楽しみに!


→その他の「糸と樹」の記事はこちらから
→その他の「今日のひとしな」の記事はこちらから

糸と樹

広島市中区本川町2-5-12 鳥越ビル4階 
TEL:082-291-1007
営業時間:11:00~19:00
定休日:火曜
http://itotoki.com/index.html
Instagram「@itotoki.hiroshima

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ