「thin」の銅トレイ ~niguramu(にぐらむ)より vol.4~

今日のひとしな
2016.06.04

←お店の紹介はコチラから

 

吉行良平さんがデザインし、金属作家の岡崎祐司さんが製作している薄い銅の皿。

これは当店での直球ど真ん中的な商品。デザイナーと作家が関わっていながらも、どちらかの名前が特に出る事無く、味わい深いながらもシンプル。色々感じとれて膨らませることのできるデザインが好きです。

IMG_5633

この「thin」は、薄い銅板を曲げて作られた皿(トレイ)。縁にシワを寄せた、味わいのある仕上がりです。また、縁周りには錫メッキが施され、銅の落ち着きある輝きを囲むシルバーカラーが軽快さを加えています。

大きさは3種類で「アメ皿」「ドーナツ皿」「パン皿」と、この洗練されたデザインからはちょっとずれたような、ほっこりする名前が付けられています。このあたりは吉行さんの人柄なのでしょうか。

 

IMG_6101-1

「アメ皿 105mm」はチーズや惣菜をのせて、ワイン・日本酒の横にあるとより一層美味しく飲めそうな小皿です。チェストや鏡台で、指輪や小銭を入れるトレイなどのアクセントとしても雰囲気をだしてくれますよ。

「ドーナツ皿 155mm」と「パン皿 185mm」は、中皿になる大きさ。珈琲紅茶のときのケーキやドーナツのお皿にどうぞ。割れない銅皿なので、お子様のおやつタイムにもおすすめです。

銅製なので、のせる食材によっては変色、落とすと凹みができることもありますが、それも味や思い出となってくれることでしょう。陶器の皿とは違う変化をお楽しみくださいませ。

IMG_6021-1

 

thin
アメ皿 ¥2,592(税込)、ドーナツ皿 ¥3,456(税込)、パン皿 ¥4,104(税込)

text:辻 喜代司

niguramu ~BRANCH Shop~

日本各地から日用品、雑貨、器、アクセサリーをセレクト。連載コラムの執筆は、店主の辻 喜代司さんと宮嶋ヒロコさん。

 

石川県金沢市高岡町18-13

TEL:076-255-3546

11:00~19:00 火曜定休

http://www.buk.jp

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ