私と「LIFETIME」と、これからの人生と

今日のひとしな
2022.12.31

~「LIFETIME」より vol.31 ~

セレクトショップ「LIFETIME」、園芸サブカルブランド「WORKS&LABO.(ワークス&ラボ)」、‟不断着”ブランド「allinone(オールインワン」、そしてヨーロッパ買い付けの輸入業が、この仕事の四本柱。それぞれが連動しているのではなく。共通のテーマを設けて一つの事業にしています。


(2015 年にはじめた 『allinone』 という‟不断着”ブランドの衣服)

数年前に「LONG FOR 60」という造語をテーマに仕事に取組むようになりました。仕事に限らず生き方の指針として作った言葉ですが、「allinone」でテーマ化することにしました。この言葉に込めた想いを簡単に書くと、1960年代を象徴とする生まれる前の時代と、これから迎える60歳への期待を表しています。


(1960 年代アメリカのヒッピーカルチャーから生まれた言葉”FLOWERS NOT GUNS!”を、当時のサイケデリック音楽に影響を受けたオリジナルのアートワークに)

特に第二次大戦後から1960年代後半、世界が自由と解放へ向かった時代の思想や文化は、物理的に経験できないことも加味され、10代のころから強く憧れを抱くようになりました。たくさんの映画や音楽から、その時代を生き抜いてきた異なる文化の人々や、見たことのない風景に魅了されてきました。映画の中の衣装や、ミュージシャンが着る洋服はすべて教科書として、この仕事で表現しようとしています。


(帽子/「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ」⦅アキ・カウリスマキ⦆、シャツ/「仮面/ペルソナ」⦅イングマール・ベルイマン⦆、スウェット/「パターソン」⦅ジム・ジャームッシュ⦆と、すべて映画がそれぞれの製品背景にあります。)

そして、今から10年後に迎える60歳への期待。60歳を老化の象徴として抗わず、共に歩むことで、今後の人生を幸せに過ごしたい。生まれる前の時代は経験できませんが、平均寿命を生きるとして、60歳は経験せざるを得ませんし、人生の通過点ですからね。


「LIFETIME」は、植物のある暮らしを愉しむショップとしてスタートしましたが、誤解を恐れずに書くなら、当店は園芸道具屋ではありません。園芸道具はこれからも最大の特長の一つではありますが、最終目標は屋号でもある‟LIFETIME(人生)”を愉しむための仕事でありたいと。


(「LIFETIME」はひと綴りで”人生”という意味)

この屋号は、Talking Headsという1991年に解散したアメリカのロックバンドの名曲「once in a lifetime」から名付けました。‟LIFETIME”は人生を、‟once in a lifetime”は一期一会を意味します。その日を精一杯生き、その日一日での出会いを大切に、その積み重ねがきっと良い人生になるのだと、この屋号にしました。三年前に父親を亡くして、さらにその想いが強くなっています。


経年変化を愉しむ、愛着を持って長く使う。これは単なる謳い文句ではなく、その先で「思い出」という記憶に変わるからこそ大切にしています。それを使っていた時のこと、使って達成できたこと、いろんな記憶が宿ります。やがて、長く使ってボロボロになった物が酒の肴になったら最高です。とはいえ、その瞬間を積み重ねる愉しみも忘れたくはないので、たまにそんな旬な物を交えながら、これからもお店を営んでいこうと思っています。


(移転リニューアル当時の写真)

20年前の創業時からずっと変わらない部分と、常に流動的な部分と。お客様もずっと来てくれる人と、流動的なお客様と。20年近くやっていると、「老舗感」とか「安定感」とか言っていただけますが、当の本人は不安しかなく、変わり続けることで少しは安心を得ようと必死です。その時々で見た目が変わっているかもしれませんが、本質は変わらないので、いつかタイミングがあえばご利用いただけると幸いです。一期一会、once in a lifetimeです。


一か月間、ありがとうございました。いつかお店でお会いしましょ。それでは、良いお年をお迎えください。

オンラインショップはこちらから

←その他の「LIFETIME」の記事はこちらから
←その他の「今日のひとしな」はこちらから

 

LIFETIME/ライフタイム(京都)

住所:京都市北区紫野上築山町21
電話:075-415-7250
(※少人数での運営の為、お電話に出られない時があります)
営業時間:13:00~17:00
定休日:水曜、日曜
HP : https://lifetime-g.com/
instagram:@lifetime.kyoto

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ