低カロリーなのにボリューム満点!お酒がすすむ最高のやせつまみ〜藤井恵さんの「鶏むね肉の一味から揚げ」

体にいいおかず、作ろう
2021.03.16


おうち飲みのおつまみ、みなさんはどうしていますか? 同じ食べるのならば、少しでもヘルシーなものがうれしい…そう願うのは、みなさん共通なのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、管理栄養士でもある料理家・藤井恵さんの『世界一美味しい!やせつまみの本』です。1品あたり50〜150kcalと、驚くほど低カロリーのおつまみが、187点もぎゅぎゅっと詰まっています。



「お酒を飲みながらでも太らないようにするには、カロリーを合計600kcal以下にとどめるのがポイント。例えば缶ビールなら、2本で約300kcalなので、おつまみは300kcalにおさめるといいですよ」と藤井さん。
今回はこの本の中から、藤井さんも大好物だという「鶏むね肉」を使ったおつまみをご紹介します。

 

鶏むね肉の一味から揚げ


鶏肉は繊維を断つように縦に切ると、やわらかく仕上がります。
片栗粉は小麦粉よりも薄くつき、カロリーカットに効果的です。
◆1人分/117kcal◆


【材料(2人分)】
鶏むね肉(皮を除き、ひと口大に切る)…小1枚(150g)
・しょうゆ、酒…各小さじ1
 ・一味唐辛子、にんにく(すりおろす)…各少々
片栗粉、揚げ油…各適量


【作り方】
1   鶏肉はAをしっかりもみ込み、片栗粉を薄くまぶし、中温(170℃)の揚げ油で時々返しながらきつね色になるまで3〜4分揚げる。器に盛り、一味唐辛子少々(分量外)をふる。

 

【藤井恵さんのレシピはこちらにも】

 

もっとレシピを知りたい方は、こちらをどうぞ!
世界一美味しい!やせつまみの本(主婦と生活社)


定価:1540円(税込)

「最近ウエストがまずい」「お腹がぽっこり…」そんな方におすすめの、1人分たったの50〜150kcalの低カロリーなおつまみが、187点という圧倒的ボリュームでぎっしり詰まったレシピ集。管理栄養士であり大のお酒好きだという人気料理家・藤井恵さんが、日々実践している低カロリーのおつまみを一挙に公開。切って混ぜるだけ、かけるだけの「すぐできつまみ」から、野菜がたっぷり食べられる「野菜つまみ」、しっかりメインになる「肉・魚のボリュームつまみ」、きのこがどっさりの「お腹すっきりつまみ」…などなど、眺めるだけでも楽しい、バラエティ豊かな大充実のラインナップです。


藤井 恵(ふじい・めぐみ)さん


1966年、神奈川県生まれ。管理栄養士。女子栄養大学卒業後、料理番組、フードコーディネーターのアシスタントなどを経て、料理研究家に。著書に『世界一美味しい!やせつまみの本』『和えサラダ』『50歳からのからだ整え2品献立』『のっけ弁100』『家庭料理のきほん200』『から揚げ、つくね、そぼろの本』『ギョウザ、春巻き、肉団子の本』(すべて主婦と生活社)、『藤井弁当』(学研プラス)、『はじめての「味つけ冷凍」』(文化出版局)など多数。
https://ameblo.jp/fujii-megumi/  Instagram fujii_megumi_1966


photo:木村 拓(東京料理写真) styling:大畑純子 

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ