常備菜にもぴったり! のりの風味が最高にごはんに合う !!〜ワタナベマキさんの「じゃこと小松菜の焼きのり炒め」のレシピ

きょうの夕ごはん
2021.07.23


「時間がないと、どうしても料理がワンパターンになったり、同じ味つけになったりしますよね」と、料理家のワタナベマキさん。さっと作れる炒めものは、忙しい日に大助かりのメニューですが、これまたしかり。いつも同じ味になってしまったり、メインのおかずにはなりづらい…という家族の声も。。


そんな方にお届けしたいのが、ワタナベマキさんの『ごはんにかけておいしい。材料2つで炒めもの』。なんと、炒めものをごはんにかけるという新しい提案なのです!!
あとは汁ものやあえもの、サラダやマリネがあれば、献立はもう完成。「今日はクタクタに疲れちゃった…」という日でも、気軽に試せるレシピが満載です。
今回はワタナベさんも大好きな、ちりめんじゃこを使った味わい深い炒めものをご紹介します。


じゃこと小松菜の焼きのり炒め
調味料を加えたら、汁けがなくなるまでじっくり炒め、
じゃこにしっかり味を入れるのがおいしく作るコツです。
このまま常備菜にしてもいいくらい、ごはんがすすむひと皿です。

【材料(2人分)】
ちりめんじゃこ…大さじ4
小松菜(2㎝幅に切る)…3株
しょうが(みじん切り)…1かけ
・酒、みりん、しょうゆ…各大さじ1
 ・酢…大さじ1/2
白いりごま…大さじ1/2
ごま油…大さじ1
刻みのり…2つまみ

作り方
フライパンにごま油、しょうがを入れて中火にかけ、香りが出たらちりめんじゃこを加えてさっと炒める。

2   を加えて汁けがなくなるまで炒め、小松菜を加えてさっと炒め、いりごまをふる。器に盛り、刻みのりをのせる。

*玄米ごはんにかける


【ワタナベマキさんのレシピはこちらにも】


photo:佐々木美果  styling:ワタナベマキ

『ごはんにかけておいしい。材料2つで炒めもの』(主婦と生活社)


定価:1485円(税込)
フライパンひとつでさっと作れて、ごはんにかければしっかりメインになるおかずが、ぎっしり詰まったレシピ集。使う材料は、なんとたったの2つ! 材料の組み合わせ、切り方、炒め方、味つけのしかたで、いつもより数段おいしい炒めものが作れるようになります。これさえあれば、時間がない日のごはん作りももう怖くありませんよ!! 豚肉、鶏肉、ひき肉、魚、卵、豆腐…と、素材別の構成で使いやすさも抜群です。

Profile

ワタナベマキ

MAKI WATANABE

1976年、神奈川県生まれ。ご主人、中学生の息子さんとの3人暮らし。グラフィックデザイナーを経て、2005年から「サルビア給食室」を立ち上げ、料理家に。雑誌や書籍でのレシピ提案、イベントなどで幅広く活躍中。著書に『ごはんにかけておいしい。材料2つで炒めもの』『うちの台所道具』『つまみサラダ100』『らくつまみ100』『アジアのごはん』『アジアのサラダ』『アジアの麺』(すべて主婦と生活社)、『ほったらかしでおいしい!蒸しレシピ』(学研プラス)など多数。
Instagram:maki_watanabe

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ