短時間発酵でこねずに作れる! もちもち食感の本格パン〜真藤舞衣子さんの「フォカッチャ」レシピ

パン作り。はじめまして
2021.06.18

ボウルひとつでこねずに作れる! そんな手軽さとおいしさが人気を集めている真藤舞衣子さんのボウルひとつで作れるこねないパン』。

パン作りがはじめてという方から、飲食店やパン屋さんで働いているプロの方まで、その手軽さとおいしさが評判です。

今回は『ボウルひとつで作れるこねないパン』から、短時間発酵で、気軽に作れるフォカッチャのレシピをご紹介します。

作り方は簡単。ボウルの中で混ぜるだけで、こねる必要はありません。
基本を覚えてしまえば、アレンジも自在。自分好みの具を乗せて、楽しむこともできますよ。
ぜひ、お試しくださいね。

 

ROSEMARY FOCACCIA

基本のこねないパン

材料(1枚分)

A 準強力粉 200g
 塩 4g
 砂糖 小さじ1/2
 ドライイースト 2g
ぬるま湯(40度) 150ml
オリーブ油 適量
粗塩 適量
ローズマリー 適量
打ち粉(準強力粉) 適量

作り方

1 【混ぜる】

ボウルにAを入れてよく混ぜ、粉に塩、砂糖、ドライイーストを均等に混ぜ込む。ぬるま湯、オリーブ油大さじ1を加えて(a)少しずつ混ぜ合わせ、粉けがなくなったら(b)ラップをかけて10分休ませる。

(a)

b

 

2【発 酵】

①の生地をゴムべらで持ち上げてのばし(c生地がちぎれないように注意)、折りたたむ。 同様に別方向から3~4回繰り返す。 ラップをかけて10分休ませ、さらに3~4回折りたたんでラップをし(d)、常温に30分 ~1時間おいて生地が2倍の大きさにふくらむまで発酵させる(eオーブ ンの発酵機能〈35度〉を使ってもOK。夏場は発酵しやすく、冬場は発酵しづらいので、生地が2倍にふくらむまで、様子を見ながら時間調整を)。

(c)

d

(e)

 

3【成 形】

ボウルと生地の間に打ち粉を多めにふり、カードをぐるりと一周差し込んでいく(※カードを差し込んだら、すぐに抜くこと。生地がボウルからはがれやすくなる)。台にオーブン用シートを敷いて打ち粉を多めにふり、ボウルを逆さに置いて生地を取り出す(f生地が自然に落ちてくるのを待つ。無理に取り出すと、生地内の気泡がつぶれる)。生地の下に手を入れ、中心から四隅に向かって厚さを均一にするようにして、 約20×20㎝にそっと広げる。 上下を1/3ずつ中央に向かって折りたたみ(g)、さらに左右も1/3ずつ中央に向かって折りたたんで、合わせ目をつまんで閉じる(h)。

(f)

(g)

(h)

 

4【焼 く】

オーブンを220度に予熱する。台にオーブン用シートを敷き直し、③の生 地に打ち粉をふって上下をそっと返しておき、めん棒で1.5㎝ 厚さ、15×20㎝ にのばす(※気泡をつぶさないようにやさしくのばし、厚みを均一に)。オリーブ油適量をかけて広げ、粗塩をふって生地全体に指で穴を開ける(i)。オーブン用シートごと天板に移し、 温めたオーブンに入れて20分焼く。 取り出して熱いうちにオリーブ油適量をぬり、ローズマリーを少量ずつ全体にさす。

(i)

 

もっとレシピを知りたい方は、こちらをどうぞ!
ボウルひとつで作れるこねないパン』(主婦と生活社刊) 

 

【真藤舞衣子さんのレシピはこちらにも】

ボウルひとつで想像以上に簡単。しっとり食感にイタリアンパセリが映える! 真藤舞衣子さんの「パルメザンチーズとイタリアンパセリのスコーン」

誰かに贈りたくなる! 真藤舞衣子さんの「ラベンダーアイスボックスクッキー」

バレンタインにセンスの光るお菓子が作りたいならコレ!真藤舞衣子さんの「チョコとフレッシュミントのマフィン」

簡単すぎるのに、外側パリッ!中はもっちり〜真藤舞衣子さんのボウルひとつで作れるこねないパン「チャバタ」のレシピ

 

photo:福尾美雪  styling:中田裕子

『ボウルひとつで作れるこねないパン』(主婦と生活社刊)

定価:1540円(税込)

ボウルに材料を入れてぐるぐる混ぜるだけ。こねずに作れるチャバタやフォカッチャ。さらに、発酵なしですぐに作れるソーダブレッドなど。初心者でも、失敗せずにお店顔負けの仕上がりになるパンのレシピが満載です。

 

Profile

真藤舞衣子

MAIKO SHINDO

料理家。カフェ「マイアンmy‐an」(山梨市)のオーナー。東京生まれ。会社勤務を経て、1年間京都の大徳寺内塔頭、龍光院にて茶道生活や畑作業、土木作業をしながら生活する。その後、フランスのリッツエスコフィエに留学し、ディプロマ取得。現在は、東京と山梨で料理教室の主催や店舗プロデュース、レシピ開発などを手がけ、ラジオ、テレビのレギュラーコメンテーターや料理番組に出演。山梨大使としても活動中。『和えもの』、『ボウルひとつで作れるこねないパン』、『ボウルひとつで作れるたくさんの焼き菓子』(小社刊)、『免疫力が上がる、おいしくなる からだが整う発酵おつまみ』(立東舎刊)など著書多数。

https://ameblo.jp/maikoshindo/
 Instagram @maikodeluxe

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ