タイ旅行で食べた味を手軽にアレンジ。にんにくの風味が最高に美味!〜夏井景子さんの「空芯菜のピーナッツ炒め」のレシピ

きょうの夕ごはん
2021.09.03

暑かった夏も、まもなく終わり。残暑が厳しい日があっても、確実に秋の気配は近づいてきています。
秋といえば、やはり食欲の秋! 新しいお料理にもチャレンジしたいですよね。

そんな方にぜひ見ていただきたいのが、定番の家庭料理にちょっぴりヒネリを加えて提案している夏井景子さんのレシピ本『“メモみたいなレシピ”で作る家庭料理のレシピ帖』。東京・二子玉川で主宰している料理教室の人気メニューがぎゅっと詰まったこちらの本には、そんな夏井さんらしさが光る、オリジナリティ溢れるレシピがたくさん掲載されています。



ごぼうとじゃがいもに大豆も入った、豚肉のピリ辛煮物。コチュジャンが味のきめて!


キチンときのこの赤ワインクリーム煮は、おもてなしにもぴったりのひと皿


しょうゆきのこのライスコロッケは、クリームチーズとバジル入り

  
ルッコラと柿のサラダは、ごまドレッシングで


うどとセロリのサラダは、豆腐と合わせていただきます


夏井さんのお料理教室の大きな特徴は、レシピがすべて夏井さんの手描きであること。その文字がなんともかわいらしくて、まるで料理上手な友達にこっそりメモでレシピを教えてもらう、といったうれしさがあるのです。


お料理するのが楽しくなる、夏井さんのミラクルレシピ。今回は空芯菜を使った炒めものです。このピーナッツだれが最高に香ばしくて美味!!何度もリピートして作りたくなるおいしさです。


空芯菜のピーナッツ炒め

タイに旅行に行った時に、サラダにかかっていた
ピーナッツだれがとても美味しくて、
帰ってきてすぐに作ってみたものです。


【材料(4人分)】

空芯菜(4〜5cmにカット)…1束
玉ねぎ(繊維にそって薄くスライス)…1/2個
エリンギ(手で縦に細くさく)…1/2パック
にんにく(みじん切り)…1/2かけ
サラダ油…大さじ2
・ピーナッツ(細かめに刻む)…大さじ1*
 ・白すりごま…小さじ2
 ・ナンプラー…小さじ1
 ・塩…ふたつまみ
*塩つきのものでOK

【作り方】
小さめのボウルにを入れておく
揚げにんにくを作る。フライパンにサラダ油とにんにくを入れて中火にかけ、にんにくがほんのり色付いてきたら、火を止めてに加えて混ぜ合わせる。
続けてフライパンにサラダ油少々(分量外)を入れ、中火で玉ねぎとエリンギを炒める。火が通ったら空芯菜を入れ、強火でさっと炒める。火を止め、を加えて混ぜる。

夏井景子さんのレシピはこちらにも】    

 

photo:衛藤キヨコ styling:夏井景子

『“メモみたいなレシピ”で作る家庭料理のレシピ帖』(主婦と生活社)


定価:1485円(税込)
「帰ったその日に、またすぐ作りたくなるくらいおいしい!」「内緒にしておきたい料理教室」と生徒さんから絶賛されている、料理家・夏井景子さんの料理教室の人気レシピを集めたレシピ集。「豆腐と根菜のつくね」「人参と豆苗のコチュジャン白和え」「ベトナム風卵焼き」「辛味噌の煮込みハンバーグ」「切り干し大根とツナのちらし寿司」「トマトクリームのロールキャベツ」などなど、家庭料理にちょっぴりヒネリを加えた目新しいレシピが魅力。レシピはすべて夏井さんによる手描き、イラストつきで、そのかわいらしさからもファンが急増中です。

 

Profile

夏井景子

KEIKO NATSUI

1983年新潟生まれ。板前の父、料理好きの母の影響で、幼い頃からお菓子作りに興味を持つ。製菓専門学校を卒業後、ベーカリー、カフェで働き、原宿にあった『Annon cook』でバターや卵を使わない料理とお菓子作りをこなす。2014年から東京・二子玉川の自宅で、季節の野菜を使った少人数制の家庭料理の料理教室を主宰。著書に『“メモみたいなレシピ”で作る家庭料理のレシピ帖』、『あえ麺100』『ホーローバットで作るバターを使わないお菓子』(ともに共著/すべて主婦と生活社)など。
http://natsuikeiko.com   Instagram:natsuikeiko

 

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ