第21回 ベルギー・アントワープのクリスマス事情と洋梨のコンフィチュール

栗山さんのベルギーおいしいもの通信
2021.12.22


こんにちは、料理家の栗山真由美です。
昨年の12月にスタートしたこのエッセイは、一周年を迎えました。要領がつかめず、おぼつかないデビューでしたが、おつきあいをありがとうございました。

今回から2年目に入ります。皆さんにより楽しんでいただけるよう、続けていけたらと思っています。引き続き、よろしくお願いします。

さて、前回Pannenkoeken(パンネクッケン)を紹介しました。投稿後、Pannenkoekenに添えたスペキュロス風味の洋梨のコンフィチュールが、自分の周りで話題になりました。ご参考までに紹介しようと思います。

また、残念ながら、アントワープのクリスマスマーケットは中止ですが、ヨーロッパのクリスマスの雰囲気だけでもおすそ分けできればと思い、2部構成でお届けします。

以前にもお伝えしましたが、ベルギーはヨーロッパの真ん中にある小国。基本的に日本と同様のフルーツは手に入りますが、国土が狭い寒冷地であるためか、流通の良さを生かした輸入物が多いのです。自国産のくだものは数少ないですが、代表格の1つに洋梨があります。


私は日本にいる頃から洋梨が大好きでした。こちらでは、お値段もお安くてうれしいです。時々特売もあり、好んで作って常備しているのが、このコンフィチュールです。

洋梨とレモン、グラニュー糖を混ぜて、半日ほど置きます。洋梨の水分が出てきたら、スパイスを加えて煮ます。レモンは少しでいいのですが、あるとないでは大違い。いい仕事をしますので、必ず加えることをおすすめします。
そして、ベルギーの代表的なお菓子、スペキュラス(スパイスクッキー)に使う7種類のスパイスを加えて煮ます。


今回は仕上げにくるみを加えました。他のナッツ、干しぶどうなど、ドライフルーツを加えてもいいと思います。前回ご紹介したように、Pannenkoekenに添えて一緒にいただくのもおいしいです。

冷蔵庫にこれがあるとうれしい。毎日のヨーグルトに加えるのが、いちばん多い食べ方です。

さて、ここから、アントワープのクリスマスをおすそわけ。これは、アントワープ観光の中心となる旧市街の真ん中のクリスマスツリーです。左側が市庁舎、正面のギルドハウスに囲まれたこの広場はグローテマルクトといい、通常ならクリスマスマーケットが立ち並ぶ場所の1つです。市庁舎のライトアップは新作です。

グローテマルクトの真ん中には、ブラボー像と噴水がありますが、冬季は水が止められます。その代わりなのか、2年前にもあった霧の泉のようなものが設置されています。ライトアートも兼ねているので、夜になると一層色鮮やかに浮き立ちます。その他、この写真には左から、泉の屋根にも当たる大木の根元、ブラボー像の噴水部分、クリスマスツリーの順に写っています。

昨年お伝えしたように、ベルギーのクリスマスは2回あります。12月6日に「聖ニコラス(英:Saint Nicolas,蘭:Sinterklaas)の日」があり、12月25日のクリスマスより、むしろ盛んです。

自宅のこのツリーは3年目。基本の飾りは一緒で、毎年、少しずつ飾りを足しています。ツリーの足元にはプレゼントを並べます。キリスト教カソリックが主な宗教のベルギーでは、やはりクリスマスは家族で祝うもの。先日、夫側の家族が遊びに来ました。
ベルギーらしくスペキュラスのクッキーハウスを作り、子どもたちと楽しみました。ガールズが夏服なのは、遊びに興奮してか暑がって、着ていた服を脱いでしまったのです。ベルギーの室内は暖かいとはいえ、自由ですよね。子どもって目が離せなくて、あとでガタッと疲れるけれど、替えがたいおもしろさがありますねー。

2021年はまるっと1年、新型コロナウイルスに振り回された感があります。1年前、現在の状態を想像できなかったのは私だけではないと思います。いまだに出口の見えない状態ですが、心から来年の回復を願って。

今年も1年ありがとうございました。
皆さまにとって良いクリスマスになりますように。
そして、良いお年をお迎えください。

Merry Christmas and A Happy New Year!

Mayumi

 

*写真の無断転載はご遠慮ください*

栗山さんのベルギーおいしいもの通信⑳はこちら

その他の「栗山さんのベルギーおいしいもの通信」の記事はこちら

Profile

栗山真由美

MAYUMI KURIYAMA

料理家、栄養士。枝元なほみさんのアシスタントを経て独立。ポルトガル料理を中心とした料理教室「Amigos Deliciosos」を12年前から東京で主宰、日本ポルトガル協会の公認講師も7年間務める。2019年より、イギリス人のご主人とベルギー・アントワープに在住。著書に『ポルトガル流 驚きの素材組み合わせ術! 魔法のごはん』(エイ出版)、『「酒粕」で病気知らずになる ゆる粕レシピ』(池田書店)など。
https://ameblo.jp/castanha/ 
Instagram: mamicastanha

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ