大人のツナギの着こなし方

おしゃれさんコーディネート
2021.03.28

こんにちは。「フェブリエ」の塩谷(えんや)みゆきです。3月の最終週の今回は、ただただ理由もなく大好きなツナギとその着こなし方をご紹介しますね。

とにかく昔っからツナギが大好物です。オーバーオールや先々週ご紹介したサロペットはもちろんのこと、一枚で完結してくれるオールインワン。これがとにかく好きでたまりません。

まずは「TENNE HANDCRAFTED MODERN(テンハンドクラフテッドモダン)」のオールインワン。

ツヤのあるコットンコンパクトなトップス部分に反してワイドなボトムスのシルエット。
そしてブランド名にあるモダンさ。初めて訪れた展示会で鳥肌が立ったのを今でも覚えています。春らしいお色の「オネット」の大判ストールをバサっとラフに巻いて。

昨年の入荷時には何度も追加やリピート生産して頂き、多くの方に喜んで頂きました。私のような年代の方にこのツヤと張りのある生地、そして程よいモード感がとてもマッチしてくれたようで、予想外の反響を頂きました。嬉しいことに今季も届きますよ! ウエストはお好みですがキュッと絞ると良い感じです。


そして同じくテンさんの新作のツナギがこちら

大きなポケットが付き、より上下のバランス差が大きくなりモード感が増したようなデザイン。

小さな巾着バッグを合わせてもお袖とのバランスがとてもキュート。

アクセサリーはインパクトがありつつもどこか温もりも感じさせてくれるアンティーク ビーズのバングルを合わせて。


ここがフェブリエ 流、大人の着こなしのポイントです。

最後はクシュッとしたワークテイストのオールインワン。

そのまま着ると「ザ・作業着」になるところですが、首元を開けて、袖をまくり、ラフな上品さを意識しました。首元にはハーキマーダイヤモンドのネックレスでフェミニンさを演出。

だらしなくならないようにウエストをキュッと絞って。

無地のオールインワンは合わせる小物でイメージがガラリと変わりますね。

その日その時の自分の気分や好みで装いを楽しめる強い味方です。

今回合わせたアクセサリーは、「小さな幸せ」を意味する「Le petit bonheur(ル プティボヌール)」森本真由さんによるもの。特にアンティークビーズのシリーズは、時に可愛らしく、時に強さを持って、私たちに小さな幸せや大きなパワーを与えてくれます。今年もゴールデンウィークに「フェブリエ」で作品展を行う予定です。作品はもちろんのこと、とてもチャーミングで素敵なお人柄にもぜひ触れて頂けたら嬉しいです(状況により変更などの場合もございます)。


黒いオールインワン TENNE HANDCRAFTED MODERN 49000yen(+tax)
大判ストール HONNETE 16000yen(+tax)
靴 beautiful shoes 57000yen(+tax)

キャメルのオールインワン TENNE HANDCRAFTED MODERN 45000yen(+tax)
小さい革バッグ HNMS 28000yen(+tax)

グレーのオールインワン Veritecoeur 32000yen(+tax)
革バッグ HNMS 38000yen(+tax))
靴 beautiful shoes 57000yen (+tax)
アクセサリー Le petit bonheur(私物・展示会でオーダー可能)

入荷済みのものはこちらに掲載しております。


早くも3月の連載が終わりました。次は6月にお会い出来ることを楽しみにしております!
読んでくださりありがとうございます。

写真:市川 瞳

→そのほかの「fevrier(フェブリエ)」の記事はこちらから

fevrier(フェブリエ)

HP http://fevrier.co
Instagram https://www.instagram.com/fevrier.co/
営業日はブログやインスタグラムでご確認ください。

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ