「アナベル」伊佐さんの冬の淡色着こなし帖

ナチュリラ
2021.01.28

「これまでの冬はボトムに白を選んでも、ニットは黒などの濃色を選ばれるお客さまが多かったのですが、今年は一転、白などの淡色が人気なんです」と伊佐さん。そこで白、オフ白、ベージュ、ライトグレーといった淡色アイテムに、グラデーションやコントラストをつけたり、差し色をしたりという着こなしを紹介してくださいました。

オフ白~ベージュ×ブライトカラー


「全身白のハードルが高いなら、オフ白を選んで生成りやベージュと重ねるのがおすすめです」。同系色のグラデーションにハッとするブライトイエローを差し色にして。「ファクトリー」のニットと「オネット」のウールリネンパンツに、ロング丈のウールシャツをコートがわりにオン。限りなく白のワントーンに近い印象に仕上げたら、ビビッドな黄色のグローブでアクセントをつけて。

白×ダークカラー


白をメインにするか、脇役として効かせるか。「ダークカラーとのコントラストの強い組み合わせは、どちらを主役にするのかをしっかり意識すると、上手く決まりますよ」。「ファクトリー」のハイネックニットに「カディ アンド コー」のウールジャケット、とトップスに白同士を重ねて主役として。ボトムはダークネイビーのコーデュロイパンツでパキッとコントラストをつけて小気味よく。

白~ライトグレー×シックカラー


「ライトグレーは白となじみがよく、お互いを引き立て合う色です」。ここではコントラストがつきすぎない落ち着いた色を差して、白~ライトグレーとのマッチングを楽しんで。白ボトムに合わせたのは「コールドベイカー」のフリース素材のプルオーバー。白にグレーを一滴にじませたような絶妙なライトグレーに、首元の濃いグレーのリブが引き締め役に。

 

photo:川本浩太 text:坂本祥子 model:伊佐奈々
『ナチュリラvol.52 冬号』より


←そのほかの「アナベル」の記事はこちらから

←そのほかの『ナチュリラ』の記事はこちらから

Profile

伊佐洋平

Yohei Isa

神奈川県横浜市のセレクトショップ「アナベル」オーナー。詳細な説明のオンラインストアやブログも好評で、お店では楽しい企画展なども随時開催している。https://f6products.com/

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ