台湾から、素敵な‟色”の贈り物 ヂェン先生の美しい日常着

今日のひとしな
2021.03.21

~「nagaya.」よりvol.21 ~

「nagaya.」では毎年6月に、台湾のヂェン先生のお洋服の販売会を行っています。

ヂェン先生のアトリエで数年勤めていた、福島季久さんという方が現地で選んできてくださっています。ヂェン先生のアトリエは台湾台北市郊外にあり、もう30年以上も洋服を作り続けられています。

ヂェン先生の洋服は流行に左右されず、年代や性別を問わず、着る方の個性がにじみ出るような佇まいを持っています。一日数量限定で手作業で染めており、グラデーションのような色の豊富さも特徴で、同じ形で同じ色のものは入荷はほとんどないので、「出会った時がチャンス……!」とお客様にもお伝えしています。



決まった形で作り続けているので、好きな形のものは色違いで揃えていくのもオススメです。色が違うだけで着こなしの印象が全く変わります。

私も10年以上前から愛用しているのですが、一度着たらその涼しさと動きやすさにとりこになり、初夏から秋にかけてずっとヂェン先生のお洋服で過ごしてしまうほどです。Tシャツとストレートパンツは色違いで数枚持っています。

手染めなのでお洗濯の色落ちがきになる方がいるかもしれませんが、裏返しにして洗濯して、直射日光が当たらない場所に干せば比較的安心です。生地の乾きもすごく早いです。

「nagaya.」のお客様に密かに人気なのは、染めのない生成りです。生地によって少し色合いも違いますが、夏は例えば全身生成りで揃えても涼しげですよ! 

昨年は展示会の期間中、徳島の藍染師「Watanabe’s」による染め直しも受付しました。数年着用していると退色が気になるというお客様に、お好きな藍染の色合いを選んで頂き、2週間ほどで染め上がり。店主もはっきりしたピンクのパンツが退色してきたので、濃い藍色に
染め直してもらいました。さらに愛着が湧きましたよ。

今年も6月にヂェン先生の美しい日常着の販売会を行います。オンラインショップでの販売も予定していますので、ファンの皆様はお楽しみに。

 

→その他の「nagaya.」の記事はこちらから
→その他の「今日のひとしな」の記事はこちらから

nagaya.

住所:徳島県徳島市沖浜町大木247番地
TEL:088-635-8393
営業時間:12:00-18:00
定休日:木曜、金曜
オンラインショップ
instagram:@nagaya.tokushima

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ