仕事のときは脇役モード、オフの日は気分を上げて。切り替えを楽しむ 前沢祐子さん Vol.2

大人になったら、着たい服
2021.04.01

←Vol.1はこちらから


心機一転、みんなにとってよい服や売るための服ではなく、身近にいる人たちがもっと輝けて、彼女たちに喜んでもらえる服を作ろう! と、前沢さんは立ち上がります。すでに充分なキャリアと技術があったにもかかわらず、ジャケット作りをもう一度学び直したいと、銀座の老舗テーラーで1年間テーラリングを勉強したのもこのころ。「リュンヌ」のとびきり格好いいジャケットの基礎はこうしてでき上がりました。


そんな前沢さんにとって、今後の目標は?

「世界が変わり、不安になることが増えました。だからこそ、希望が生まれるような服を作りたい。自身が素敵に見えると嬉しくて気分が上がったり、心地よい服を着てやさしい気持ちになれたり。おしゃれにはそういう力がありますよね。一人ひとりの女性がさらに輝いてほしいという願いを込めて、着る人に寄り添う服を作っていくのが私の仕事だと思っています」

photo:和田直美 text:新田幸子



もっと詳しい内容は、ただいま発売中の
『大人になったら、着たい服 2021 春夏』でご紹介しています。
ご覧になってみてくださいね。

Amazon 
楽天ブックス 


→その他の『大人になったら、着たい服』の記事はこちら

Profile

前沢祐子

Yuko Maezawa

26歳の時に単身パリに渡り、フランス語やオートクチュールについて学ぶ。帰国後は、フリーのデザイナーとして数々の国内有名ブランドで活躍。2015年に「リュンヌ」を立ち上げる。アトリエでのオーダーメイドも好評。
http://www.l-une.com/

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ