「重ね着アレンジ」…おすすめ帖vol.53

おしゃれさんコーディネート
2021.03.27


『ナチュリラ』本誌でも、季節ごとのリアルクローズとそのおしゃれな着こなし方を提案してくださっている人気セレクトショップ「アナベル」。店主の伊佐さんによる「季節のおすすめ帖」連載コラムです。季節ごとのおすすめの品を月に2回、ご紹介しています。

************************* 

photo:川本浩太 text:伊佐洋平 model:伊佐奈々

 

重ね着って、やはり楽しいなって思います。自分で着てもスタイリングを作っていても、いろんな可能性が見え隠れします。洋服屋とそうでない人の一番の違いはそこかもしれませんね。着る物一つ一つの違いよりも、どうやって着るか? 重ね着が嫌いな人はしなければいいのですが、「やりたいけど、できない人」には、まずシャツをベースにした重ね着がとってもおすすめです。

 

 

今シーズンも入荷した、ふんわりパンツのコットンリネンデニムバージョンに合わせて、まずは白シャツを着る。そして、その上から「FACTORY(ファクトリー)」さんのリネンニットを重ねます。シャツの上にいきなりコートを着たり、ニットだけを着てコートを着るよりも、重奏感が出てスタイリングにリズムのようなものが生まれます。

 

 

この重ね着を自分らしくできるかどうかで、その後に着るコートはある程度何を着ても様になるでしょう。

 

 

ボトムスとの色合いだけ気分で変えて。明るいピンクベージュは春らしくて取り入れたくなる色合いです。

 

 

本当にちょっとしたことかもしれませんが、ニットの下にシャツを入れることで、その二つの関係も楽しむことができると思います。裾をタックインしていると見えませんが、表に出してもいいでしょうし、着丈の長いシャツを取り入れても面白い。セーターをベストに変えても楽しそう。Gジャンにしたら? ジャケットを使ったら? 下にシャツがあるからこそ生まれるパターンです。まずはオーソドックスからでもやってみると楽しいですよ。

 

 

上着を変えて、気分転換。

 

 

長いコートから短いブルゾンに。

 

 

春らしく軽快な感じ。首元で重なり合うシャツ襟とセーターがあるから、一層アウターとして着るコートやブルゾンが光ります。シンプルなもの同士の相乗効果は無限の可能性を秘めています。春は始まりの季節です。少し洋服の着方にアレンジを加えてみてはどうでしょう。

 

コート:Yarmo ¥41,800(税込)

サマーセーター:FACTORY ¥16,500(税込)

シャツ:klause ¥24,200(税込)

パンツ:blue in green ¥25,300(税込)

ブルゾン:シャルパンティエドゥヴェッソ ¥24,200(税込)

暮らしとおしゃれの編集室YouTubeチャンネルに「アナベル」さんのお店の様子と伊佐さんがこの冬提案するショートコート&ニットの着まわしコーデをご紹介する動画をアップしていますよ! ご紹介している着こなしは冬物ですが、伊佐さんのお店への思いやスタイリングのコツなどにもご注目を。

「アナベル」さんの店内と“動く・話す”伊佐さん。まだお店に行かれたことのない方は必見ですよ~。ぜひこちらもご覧になってみてくださいね。

発売中の『ナチュリラ』春号vol.53でが伊佐さんがこの春気になるアイテムをご紹介していますよ。本誌のほうもぜひご覧になってみてくださいね! 

←その他の「アナベル」の着こなしはこちらから

 

アナベル

神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-20-1美しが丘アレービル104 
東急田園都市線たまプラーザ駅から徒歩5分
℡:045-482-4026
営業時間:11:00~20:00 水曜定休
http://www.f6products.com/
https://www.instagram.com/annabelle_104/

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ