【教えて、かなさん! Vol.5】この春“使える”ワンピースの選び方

おしゃれさんコーディネート
2019.03.01

2018年春に誕生したブランド「avecmoi(アヴェクモワ)」のプロデュースを手がけているのが、人気スタイリストの佐藤かなさん。“いま本当に着たい服”をコンセプトに、女性らしさが漂う大人カジュアルなアイテムを展開しています。
昨年11月に披露してくださった前開きワンピースの着まわしも大好評だった、かなさん。今回は、この春“使える”ワンピースの選び方を教えていただきました!



週3~4回ペースでワンピースを着るという、かなさん。「ラクちんなのに、1枚でおしゃれが決まるから、ついつい手が伸びてしまいます」
春は、この6着をスタメンとして活躍させる予定なのだそう。

_S6A9682
どれも着やすそうで素敵なものばかり! ずばり、セレクトポイントは?
「すべてゆったりとしたシルエットですが、ルーズに見えないデザインや素材にこだわって選んでいます。甘すぎない、という点も大切にしているポイントです」

TYPE 1
1枚できれい見え
“おめかしに使える”ワンピース

ちょっといいレストランでディナー。そんなとき、どんな装いで行くのが気分ですか?
「座っている時間が長いので、上半身に洒落感があるものをチョイス。シワになりにくく、上質に見える素材というのも頼りがいがあります。コットンパールのネックレスで、さりげない華やぎ感を加えました」

s-_S6A9081
ポンチワンピース10,800円
その他 私物


「このワンピースで気に入っているのは、ボリュームがありつつ、肩が大きく見えないパフスリーブ。落ち着いた雰囲気のベージュも魅力です」

s-_S6A9095
また、ナチュラルになりすぎないライトグレーのリネンレーヨンワンピースも、きれいめなスタイルが求められるシーンにぴったりなのだとか。

s-_S6A9110
リネンレーヨンワンピース8,900円
その他 私物


「麻の風合いがありつつ、落ち感がいいしなやかな素材なので、スカート部分に美しいドレープが生まれます。ほんのり放たれる光沢も上品です」

s-_S6A9661


TYPE 2
“はおりにも使える”ワンピース

着まわし力の高さが光るシャツワンピースは、かなさんの定番アイテムのひとつ。
「超長綿のギザコットンを紡いだ100番双糸ならではの、しなやかな生地のおかげで、高密度でもストンとしたきれいなラインに。ブルーベースのストライプが、さわやかな春を演出してくれます」

s-_S6A9248
ストライプシャツワンピース8,900円
その他 私物


ロング丈でも、軽やかに見えますね!
「控えめに入ったスリットが、その役割を果たしてくれています。ひざ下がほっそり見えるのも嬉しいですよね」

s-_S6A9282
「ロゴTシャツとオールインワンの組み合わせをラフに着くずしたいときは、アウター感覚でバサッとはおります」

s-_S6A9176
ストライプシャツワンピース8,900円
ロゴTシャツ5,900円
その他 私物


<次のページへ続きます>

1

2 NEXT ≫
avecmoi(アヴェクモワ)

TEL  0120-924-211(固定電話)
TEL  0570-024-211(携帯電話)
公式オンラインストア https://feli.jp/s/krashi_am190301/11/
公式インスタグラム @avecmoi_kana

Profile

佐藤かな

Kana Sato

明治学院大学フランス文学科卒業後、スタイリストの道へ。現在は、雑誌や広告のスタイリングを中心に、活躍中。自身の大人カジュアルな私服や、長年の趣味が高じて出版したソーイング本も大人気。2018年より、フランス語で“私と一緒に”を意味するブランド「avecmoi(アヴェクモワ)」のプロデュースを開始。リーズナブルでありながら、質のよさにこだわった“いま本当に着たい”服作りが、高い支持を集めている。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ