丸山寿子さんの“おしゃれの定点観測” Vol.1

大人になったら、着たい服
2020.02.05

2019年春夏号の表紙に登場いただくやいなや、「あんな素敵なおしゃれさんになりたい」とたちまち大評判に! そんな丸山さんには、定期的に訪れるお気に入りの場所があるのだといいます。新しい発見が、明日のおしゃれにつながる……。そんな定点観測に同行させていただきました。

s1
東京・代官山の裏路地は、どこかパリの下町のようで、大好きな場所。ブルゾンとデニムの軽快なメンズスタイルで。空軍のものというブルゾンはデッドストック。カシミヤのハイネックセーターは「ジョン スメドレー」。オーガニックデニムは「R」のもの。

 

ヨーロッパの
下町風のヘアサロンで
2か月に1度の
ひとときを

s2
古いものが好きというオーナーのセンスが隅々まで感じられるヘアサロンは、息子さんが「お母さんが好きそうだから行ってみたら?」とすすめてくれたのだとか。ひとりひとりのお客様と長くていねいにつきあいたいというオーナーとたちまち意気投合。この日は、「スピネン」のヤクのニットで。「厚手のニットは重たくて肩が凝るけれど、これは軽くて暖かいんです」

s3
ヘアサロン プラハ
東京都渋谷区代官山町14-6
☎03-6415-6421
http://salon-praha.com

 

隠れ家的カフェで
ワイン片手に
食事タイムを

s4
「ヘアサロンプラハ」でカットを終えたら、すぐ2階にあるカフェで食事をとるのがいつものコース。

「オーナーの奥さまが作る料理は無国籍で、いつもハッとさせられるものばかり。先日は春巻きで赤ワインをいただきました」と丸山さん。薄手のカシミヤニットはボートネックの襟元がすっきり見えてお気に入りです。

s5
ROOM51 CAFÉ&GALLERY
東京都渋谷区代官山町14-6
☎03-6415-6421
http://salon-praha.com


→Vol.2に続きます


photo:回里純子 text:一田憲子


どこの洋服? など、もっと詳しい内容は、ただいま発売中の
『大人になったら、着たい服 '19-'20 秋冬』でご紹介しています。
ご覧になってみてくださいね。

Amazon
楽天ブックス


→その他の『大人になったら、着たい服』の記事はこちら

Profile

丸山寿子

Toshiko Maruyama

1956年生まれ。「ジャンポール・ゴルチエ」など海外ブランドの生産に携わったのち、フリーランスに。現在はオーガニックコスメブランド「レミオ」を家業として手がけながら、小松貞子さんと立ち上げたブランド「R」ではパターンと生産を担当している。
https://remio.jp/

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ