身に纏うと感じる心地よさと美しさ 「Plants(プランツ)」の洋服

今日のひとしな
2020.02.27

~ うすけはれ より vol.27 ~

 
岡山駅からゆったりと走る路面電車に乗って15分ほど。昨年の11月、「Plants(プランツ)」のショールームへ伺いました。
 
web-kiji0003 
ちょっとした運動をした後ぐらいの息遣いになる坂道を登ると、木々に覆われた道が続き、その先にご自宅があります。ご自宅の一室をショールームとされているそこには、インドで作ったという真っ白の刺繍入りカーテンが美しい光を通し、「Plants」ご夫妻のコレクションと並んで、来期のお洋服が。

「Plants」はブロックプリントやチカン刺繍など、インドの手仕事を取り入れた服を作られています。
 
web-kiji0016
 
素材もインドの手紡ぎ手織りで作られたカディコットンなど。袖を通すと、その素材のなんとも言えない気持ち良さを肌が感じます。ボタンは一点ずつ手作りの小さなくるみボタン。

web-kiji0017
 
「Plants」のお洋服は、身に纏うとふっと肩の力が抜け、それでいてよしっと少し背筋をのばしていたくなる、また、身に纏うことで自然と自分を喜ばせてくれる、そんな力を持っている気がします。
 
web-kiji0013
 
今年の春夏のコレクションも本当に素敵なものばかり。定番のお洋服の型は昔から変わらず、生地を変更して作られています。流行に関係なく、いつの時代も女性を美しく見せるシルエットは変わらないんだなと「Plants」の服を着ると感じます。
 
web-kiji0015
web-kiji0002
web-kiji0001
 
新作のお洋服も、丁寧に紡がれた美しさが襟元や袖口の曲線ひとつを見ても感じられ、服を手に取り見ているだけで、袖を通した自分を想像したくなるような魅力があります。きめのユニセックスで使用できるシャツは、ふんわりとしたシルエットですが、上品な仕上がりになっています。
 
web-kiji0019
web-kiji0018web-kiji0014
 
ショールームでもついつい自分が着たい服を選んでしまいますが、 「Plants」のご主人がおっしゃる「良いものはお客様へ。残ったものを自分に」。この言葉を胸に、春夏のお洋服が当店に届くことを心待ちにしたいと思います。
 

オンラインショップ はこちら



→その他の「うすけはれ」の記事はこちらから
→その他の「今日のひとしな」の記事はこちらから
うすけはれ

香川県小豆郡小豆島町中山131−1
TEL:090-8284-6171
営業時間:10:00~17:00
定休日:火曜、水曜
https://www.usuqefare.com/
Instagram「@usuqefare

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ