雨の日が待ち遠しくなる、こだわり製法のラバーブーツ

今日のひとしな
2020.01.24

~ 糸と樹より vol.24 ~

s01
「Daiichi Rubber(ダイイチラバー)」は、北海道小樽で80年以上の歴史を持つ長靴メーカーである第一ゴム株式会社のファクトリーブランドです。

s02
商品名の「RAKA」は、アイヌ語で「収穫」を意味します。特徴としては、直接加硫のヴァルカナイズ製法という非常に珍しいゴム加工を採用していることがあります。

s03
一般的にほぼ全てのゴム長靴やゴム素材を使ったスニーカーは、色の再現性が高く、色ムラも起きにくい量産に適した間接加硫のヴァルカナイズ製法で作られたものですが、直接加硫で作ると生地の柔らかさが増し、耐久性も非常に強くなります。ただその分、とても手間のかかる作業となってしまうので、大手メーカーで採用されることはまずありません。

s05
また、直接加硫の製法ではマットな風合いで本革のような個性が表れ、質感が圧倒的に良くなります。経年変化などにより、それこそ革製品のように変化していく、色や質感を楽しむこともできるのも直接加硫だからこそです。

s04
ご愛用いただいているお客さまの声をまとめると、薄く滑らかなラバーでしゃがみ込んだりしても窮屈さをあまり感じず、クッション性も高く歩きやすい、脱ぎ履きが他と比べものにならないくらいしやすい……など、とても評判の高いブーツです。

s07
中には「雨が待ち遠しく感じるようになった!」というお客さまもいらっしゃって、最高の褒め言葉だなと嬉しくなりました。

→その他の「糸と樹」の記事はこちらから
→その他の「今日のひとしな」の記事はこちらから

糸と樹

広島市中区本川町2-5-12 鳥越ビル4階
TEL:082-291-1007
営業時間:11:00~19:00
定休日:火曜
http://itotoki.com/index.html
Instagram「@itotoki.hiroshima

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ