春ベストで引き気味の足し算を

おしゃれさんコーディネート
2020.03.22

寝屋川「eminent(エミネント)」のきこなし vol.4


今回は重ね着
春の色々なベストのご紹介……

「ゴーシュ」 コットンニットベスト (ライトパープル)

 

30双糸で仕上げた リブ編み組織の一種 片畦編みニット
中肉で やわらかく しなやか。

通常 片畦編みだと伸びやすいのですが
ハイゲージにして度目を詰んで
ダレにくく 厚みを出し 伸縮性を抑え仕上げた
コットンニットです。

糸の毛羽が出にくく 型くずれがしにくい所も魅力的です。

容姿は ボートネックで裾サイドにスリットが入ったベスト。
シャツやカットソーと重ね着を楽しめる1枚です。

寒い時期には コートやジャケットのインナーとしても……
1枚あると重宝する コットンニットベスト。

 

「キジマタカユキ」 Two‐Tone Knit Cap (Navy)
「ゴーシュ」 コットンニットベスト (ライトパープル)
「ゴーシュ」 60/1 強撚フライス ロングスリーブ
「スティルバイハンド」  Easy Wide Pants (Ecru)(size 44)
「ピカンテ」 Leather Sneaker

 

インナーには 薄手の 60/1強撚フライス
やわらかく仕上げた コットンフライス素材です。

ボトムには メンズブランド「スティルバイハンド」のパンツ、
双糸のバーバリー素材を使い製品洗いで仕上げたコットン素材です。
足元は レザースニカーで サラリとコーディネート。

ネック部分からロンTをチラ見せして
袖先は 全体のバランスを見て 少し捲っています。

ベストは 腰回りにボリュームがある所に着丈を合わせるように
少し内に折りこんでいます。
ボトムの腰回りが大きいと着丈のバランスを
操りやすかったりします。

 

「ゴーシュ」 コットンニットベスト (ライトパープル)
「ゴーシュ」 エステルクレープシャツ (ホワイト)
「ゴーシュ」 カツラギワイドパンツ (ネイビー)
「フォルメ」 Balmoral straight tip (Black baby Calf × Black goat)

 

とても薄い素材のスタンドカラーシャツをインナーに
コットンニットベストを重ねて
襟元 裾から シャツをチラリと見せています。
足元は カーフ×ゴートの内バネ
サラッとシンプルなコーディネートです。
腰位置は あえてとても高めに 遊んで足元をスッキリさせたバランスで
カツラギ素材のボトムでも 少し綺麗な雰囲気に仕上げています。

 

「ゴーシュ」 コットンニットベスト (ライトグレー)
「ノーコントロールエアー」 30/- モダール ベアテレコ ロングスリーブ
「プリット」 Botanical Print Tuck Saruel Pants
「エム」 Leather Slip-on Shoes
「スタッフ」 Bucket Tote 1 (Wash Black)

 

インナーには モダール糸を使用したベアテレコ。
ボトムは タイプライター素材にボタニカル柄をプリントして
カーキベージュで製品染めしています。

ウエストにはゴム+ヒモで お気軽仕様
フロントには タックが中心部分に入り サイドにポケット
腰回りワタリにボリュームを入れて 膝からテーパード
ロールアップもしやすい サルエルパンツ。

腰回りにボリュームがあるので
ベストの裾をラフにブラウジングして
フワッとした感じに ボトムとの軽さを合わせ

ブラックのレザースリッポンで軽さを……

ボタニカル柄に入ったブラックの色目で
靴バッグを合わせ
素材感で 少し引き締めた感じです。

 

「ゴーシュ」 コットンニットベスト (ライトグレー)
「ズーズーダウ」 12BUTTON SHIRTS (L/C WHITE)
「ゴーシュ」 リネンコットンスラブ カーブワイドパンツ (ライトグレー)
「フォルメ」 Middle open strap

 

インナーには やや薄手で 織やネップの表情があり 味わい豊かな
リネンコットン素材。
暑い時期は涼しく 寒い時期は 冬の素材にも負けない
年中使える ネパールで生産されたリネンコットンです。

ボトムは 太番のコットンスラブ糸の撚りを甘く仕上げて 綿麻を並べて平織にし
製品染めで仕上げたコットンリネン素材。

中肉で やわらかく 程よくハリがあり
表面に浮きあがった様な細かい凹凸があり
要所にネップや織段が見える 素敵な表情を持っています。

足元には 厚さ3㎜のベジタブルタンニン牛革に
多量のロウを浸透させた「ホーウィン社」の革
ヴィンテージのフットボールシューズ等に見られる
ディテールを取り入れる事で 重さを加え
可愛くなり過ぎないバランスにしています。

ベスト シャツ パンツ 靴 全ての素材感に迫力があるので
喧嘩をしてしまいそうですが
色目を少なくして 足元に重心を置くと
まとまりやすい感じになります。

 

「ゴーシュ」 スペインピマ裏毛 ベスト (グレーベージュ)

 

超長綿 スペインピマコットン100%で仕上げた40の裏毛素材
表裏 接結糸も40度詰めで 伸度が少ない裏毛に仕上げています。
表面は サラリとした質感で 油分の残ったしっとりとした風合いです。

デザインはシンプルな クルーネックのプルオーバーベスト
インナーにカットソーを着て……

コートやジャケット ブルゾン等のインナーとしても
年中使える ディリーでいて
少し綺麗な雰囲気で使えるベストです。

 

「ノーコントロールエアー」 ポリエステルリンクルタフタ ショップコート(size XXS)
「ゴーシュ」 スペインピマ裏毛 ベスト (グレーベージュ)
「ゴーシュ」 60/1 強撚フライス ロングスリーブ (ホワイト)
「フィルマム」 コットンヘビタイプライター ワイドパンツ (ナチュラル)(size XS)
「スティルバイハンド」  Elastic Mesh Belt (Grey)
「コムデギャルソン オム」 CdG H × NB 247 (White)

 

インナーは伸縮が高く やわらかな素材感で
ジャストサイズのカットソー。
ベストのアームから裾位までに 空間が生まれるので
ベストの裾を内側にブラウジングして 前を短く後ろを長く
そして 腰回りにボリュームのあるボトムを合わせています。

パンツの裾幅が広めなので ミドルカットスニーカーで
足元に重量感を。

コートを羽織る場合は 袖を少し捲って バランスをとっています。

全体的に ホワイトからエクリュ グレーの色目を使い
やわらかな雰囲気に ベルトは差し色に……

 

「ゴーシュ」 スペインピマ裏毛 ベスト (グレーベージュ)
「ゴーシュ」 スーピマカシミアフライス ハイネック (ホワイト)
「ゴーシュ」 リネンコットンスラブ カーブワイドパンツ (ブラック)
「エム」 Leather Slip-on Shoes

 

インナーには スーピマコットン 90% カシミヤ 10%の混紡糸
薄手のフライスを 製品染めした ハイネックロンT。

毎年秋冬で展開しているアイテムですが
この時期でも使えて 春物素材とも相性が良かったりします。

先程同様 ジャストサイズのカットソー
ベストのアームから下には空間が生まれるので
ベストの裾をブラウジング。
こちらは 綺麗に内に折る感じでは無くて やわらかくグシャリ
ボトムの やわらかな素材感に合わせて やわらかくシワを作ります。

ボトムは 先程もご紹介したリネンコットンスラブ カーブワイドパンツのブラック
腰回りにボリュームがある為 トップスの着丈が操りやすかったりします。
足元には レザースリッポン、

シンプルに着て 寒い時期ならコートやジャケットを……

 

「HAVERSACK (ハバーサック)」 Grosgrain Long Vest (Beige)

 

キュプラ リネン コットン(Cupra 46 / Linen 33 / Cotton 21) グログラン

中肉よりやや薄手で 細かい凹凸が横に走り
ハリと カリッとした質感 そしてサラリと肌ざわりが良い
素敵な表情を持った素材です。

容姿は Yネックでノーカラー、 胸元左右にギャザー
フロントはボタンで サイドにマチがあるフラップポケット、
腰位置にドローコード バックは襟下にギャザー。

肩幅 身幅は広く ややザックリとしたパターンで仕上げられたベスト。
フロントボタンを閉じて チュニック的に ボトムにはインナーパンツ等
フロントボタンを開けて カットソーをインナーにワイドパンツ、
スカートやワンピースの上からカーディガンの様にも使える
素敵なアイテムです。

使われたディテールは何処かしら 古き男的で
バランスや全体のデザインは 女性的なベスト、

男前な 女子に おすすめのアイテムです。

 

「ハバーサック」 Grosgrain Long Vest (Beige)
「ゴーシュ」 パラレルフライス カーディガン
「ゴーシュ」 コットンリネンデニム カーブワイドパンツ
「フォルメ」 Belted Blucher

 

インナーは 何年か前のゴーシュさんの物で私物です。
ジャストな雰囲気のカーディガンを ヘンリーネック的に使って
ベストの襟元から チラリ……

ドローコードを使い 少しだけウエストを作り
ボトムのラインに合わせて コットンリネンデニム カーブワイドパンツ、
足元は ベルト付きの短靴。

 

「ハバーサック」 Grosgrain Long Vest (Beige)
「ハバーサック」 Welt Stitch Circular Rib High Neck T (White)
「ノーコントロールエアー」 Polyester Wrinkle Taffeta Easy Pants (Black)
「フォルメ」 Balmoral straight tip (Black baby Calf × Black goat)

 

インナーには ハイネックT
ベストのドローコードを使い ウエストを作り
腰回りにボリュームをつけ ボトムのラインに合わせ
足元には短靴で 何処か男っぽいコーディネート。

ベスト インナー ボトム 靴 共に
少し上品で質感のある素材を使っているので
無骨なバランスですが
少しだけ繊細さも残り
女性らしさが見えるコーディネートに……

 

「FIRMUM(フィルマム)」 ハニカム&ワッフル スリーブレスビッグプルオーバー

 

コットンハニカムワッフルニット

表はハニカム 裏はワッフルの2重編みのカットソー
組織的にダレやすい為 少しストレッチ糸を入れて
ダレにくく仕上げています。

中肉より少し薄く 編地による表情があり
要所に 糸による 綿カスや藁等が混ざった
独特な風合いがあり 柔らかく伸縮もある 素敵な素材です。

肩幅 身幅が広く 袖の無いビッグプルオーバー
カーディガンやジャケットのインナーにコーディネートしてみたり
インナーにカットソーを入れてベストのようにも。

素材を生かした シンプルで遊べて
使えるアイテムです。

 

「フィルマム」 ハニカム&ワッフル スリーブレスビッグプルオーバー
「ゴーシュ」 100/2 マイルド天竺 ロングスリーブ (ホワイト×グレー)
「ノーコントロールエアー」 追撚ポリエステルツイル ラップパンツ(ブラック)
「フォルメ」 Button strap shoes

 

ラップパンツの腰回りのボリュームを中心に大きく見せると
トップスの脇が入った感じになり
パンツの裾は流れて……
足元は ストラップシューズをベースにしたデザイン
マッケイ製法で スッキリしたボリュームです。

インナーには プリントが入ったロンT
細かい柄は 細い線ですので 遠目で見ると 1色に見える感じです。

 

「フィルマム」 ハニカム&ワッフル カーディガン (ブラック)(size XS)
「フィルマム」 ハニカム&ワッフル スリーブレスビッグプルオーバー(size XS)
「スタイルクラフトワードローブ」 PANTS #6 (DARK BEIGE)(size I)
「ピカンテ」 Leather Slip On
「スタイルクラフト」 DSTO-03 (GOAT INK BLACK)

 

スリーブレスビッグプルオーバーと同じ素材を使ったカーディガンで
インナーをタックイン。
ブラウジングして グシャリと。

ボトムには「スタイルクラフトワードローブ」
自店ではユニセックスで オススメしているボトム。
足元にはレザースニーカー バッグはゴートレザー。

トップス ボトム共に やわらかな素材感なので
袖を捲り ウエストの絞ったシワは やわらかな雰囲気に。

腰回りより少し下位にボリュームを持ってきているので
ビックカーディガンが上から少しずつ広がるイメージです。

逆にボトムはテーパードがきいているので 少しずつ細くなるバランス

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

重ねて着る事は なんだか楽しかったりします。
何を着て どう見せるのか

ネック 腰 足首 手首 ……等々
関節になる部分を どうやって繋ぐのか?

何処にボリュームを出し 何処のボリュームを減らし
どんな線を描くのか?

重ねて足し算する事で
増えた 色と線

これを いかに足した感じに見せないか

何かを足す事は 何かを引く……
今の自分達の 決まり事なのかもしれません。

春の コーディネート……
足し引きのバランスです

 

←その他の「eminent(エミネント)」の記事はこちらから

eminent(エミネント)

大阪府寝屋川市日之出町3-1
TEL:072-820-5610
open:12:00-20:00
close:Tuesday
Instagram:@un.regard.moderne 
Online shop:https://eminent.cc/?mode=f1

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ