「重ね着の第一歩」…おすすめ帖vol.32

おしゃれさんコーディネート
2020.04.25


『ナチュリラ』本誌でも、季節ごとのリアルクローズとそのおしゃれな着こなし方を提案してくださっている人気セレクトショップ「アナベル」。店主の伊佐さんによる「季節のおすすめ帖」連載コラムです。季節ごとのおすすめの品を月に2回、ご紹介しています。

************************* 

photo:川本浩太 text:伊佐洋平 model:伊佐奈々

妻は椅子の上で正座をします。気が付いた時には、息子もそうしていました。娘は、驚くほど僕に似ています。面白いものです。

 

洋服をはじめとするあらゆる人が作るものにも、同じような傾向が見えてきます。洋服のセレクトは、ファッション的な観点と愛すべき「らしさ」を持っているかを基準に選ぶようにしています。

 

 

今年の春は寒い。ゴールデンウィークを前に、「ちょっとそこまで」のお買い物でもまだまだコートを着る日が続きます。寒暖差もあり、しばらくはコートや羽織が活躍する日が続きそうです。

 

 

重ね着がしやすいワンピースやジャンパースカートは、レイヤーのある重ね着を最も簡単に表現できる素敵なアイテムです。

 

 

重ね着が必要な日々にもってこい。下には誰もが持っている長袖Tシャツを着ているだけ。

 

 

その上から二重コットンガーゼの羽織カーデを合わせてみる。こちら、こう見えて実はメンズアイテム。ユニセックスなどでなく、メンズです。でも、展示会で「かわいい」ということで妻と意見が一致して販売しています。

 

ちょっと袖まくりが必要ですが、二重ガーゼで袖を折り返した感じも素敵でした。表側は藍染、裏側は白のガーゼ。「BLUE BLUE(ブルー ブルー)」のメンズの羽織モノです。

 

 

高城染工所がつくるオリジナルブランド「blue in green(ブルーイングリーン)」の手染めのジャンパースカートに、藍染の羽織。藍と白のコーディネート。

 

 

こちらのジャンパースカートは、昨年の12月に岡山県倉敷市の児島にある高城染工を訪れた際に並べられていたもので、実は少し前に作ったサンプルだそうですが、とっても気に入り、この春夏用にもう一度、アナベル用に作っていただいたもの。ウエスト位置の低い独特なバランスが可愛らしい。

 

 

 

夏が近づく頃には、薄手のリネンシャツを下に合わせて着てもいい。

 

 

 

ジャンパースカートの良さが実感できるのは、「最近あまり着てなかったな…」なんてアイテムを引っ張り出して着たりすることがあったとき。

 

 

「買ったけどあまり着なかったな…」といったお洋服が意外に大活躍することも。

 

 

今年のゴールデンウィークは、クローゼットの見直しをして、家の中とご近所で、お洒落の練習でもしてみればいかがでしょう。お部屋に大きな鏡も欲しいですね。

妻もちょっと出かけるのに、鏡を3回くらいは見て出ていきます。でも靴下が左右違ったものを履いたりしています…。いったいどこを見ているのでしょう。

 

ジャンパースカート:blue in green ¥33,000+tax

赤いブラウス:ARTEPOVERA ¥16,000+tax

 

 

 

*編集部より 伊佐さんが本連載でもたびたび登場している革小物ブランド「safuji(サフジ)」さんとコラボしたバッグとその持ちこなしを現在発売中の『ナチュリラ』vol.49春号で特集していますよ。本誌のほうもぜひご覧になってみてくださいね!  ※おかげさまで、バッグは完売しました!ありがとうございました。

 

アナベル

神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-20-1美しが丘アレービル104 
東急田園都市線たまプラーザ駅から徒歩5分
℡:045-482-4026
営業時間:11:00~20:00 水曜定休
http://www.f6products.com/
https://www.instagram.com/annabelle_104/

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ