帽子から楽しむおしゃれ「mature ha.(マチュア―ハ)」

今日のひとしな
2020.09.12

~ 「futana」より vol.12 ~

 
9月12日土曜日。皆さまおはようございます。「futana」の土井です。
 
昨日の北海道での出会いはいかがでしたでしょうか。私も改めて皆さんと一緒に読み返していて、今すぐに北海道へ行きたい衝動に駆られました。特別な時間の流れるあの場所へ。

さて、今日はお店の中へ戻り帽子のご紹介をさせていただきます。
 
 
大学を卒業した年のこと。友人がかぶっていた帽子が素敵で、どちらのものか聞いたら「mature ha.(マチュア―ハ)」の帽子だった、それが私の「mature ha.」を知るきっかけでした。
 
 
それは‟BOXED HAT”というシリーズで、箱に収納出来て持ち運びしやすいというのも勿論魅力的でしたが、その機能性を差し引いてもとても趣が素敵で。このシンプルかつスタイリッシュな点に惹かれ、その夏、喜び勇んで私も「mature ha.」を手にしたのでした。

 



 
それからもうずっと、「mature ha.」ファン。冬のニット帽やフェルト帽、春夏のラフィア素材に至るまで、一年を通してお世話になっているのです。
 

「mature ha.」 ‟free hat” ¥14,000+tax(シーズン・素材によってお値段が変わります)
 
「mature ha.」は、帽子をあたりまえにかぶる生活を知ってほしい、楽しんでほしいという想いから生まれたブランドです。神戸を拠点に、かぶり心地や素材感にこだわった、日常を少し豊かにする「新しい帽子」を提案されています。
 
無駄な装飾を省いたシンプルなデザインは自由度が高く、形を変えたり、複数のかぶり方ができるのも魅力のひとつ。今まで帽子をかぶり慣れていない皆様にも是非手に取っていただきたい帽子です。
 

そんな「mature ha.」の帽子はズボラで不器用な私の心強い味方。髪型を器用にまとめる事が出来ず、スタイリングに悩んだら早速出番です。少々髪の毛がぼさぼさでも、帽子をかぶればなんとかなる。こうしてもう十数年過ごしているのでした。
 


長年、私の頭事情を支えてくれている「mature ha.」。

「帽子をかぶりたいけれどなんだか気恥ずかしくて、鏡を長く見ていられない……」という皆さま、「futana」では恥ずかしさや気遣いは少し傍らに置いて、思う存分かぶり方を悩んでみてください。私以外の誰も見ていないから。一緒に素敵なかぶり方を見つけましょう!

 
普段帽子を苦手とされている皆さにも、「mature ha.」の帽子ならきっと楽しんでいただける、そう思います。
 
「mature ha.」‟ beret top gather linen” ¥9,500+tax
 
帽子の大きさによっては、子供がかぶれる大きさのものもございます。親子で共有出来るのものもまた嬉しい。
 
もう既に帽子を楽しんでおられる皆さまは勿論、少し帽子へのハードルを感じておられる皆さまも是非一度お試しくださいませ。
 
今日は何だか、帽子の写真集のような朝となりましたが、明日は頭とは反対側、足元を支える靴をご紹介いたします。
 
明日も同じ時間同じ場所で。皆様にお会い出来るのを楽しみにしております。
 
 
今日も良き風が吹きますように。
そこここに光を見つけられますように。
 
 
※ご注文をご希望の方は、メールでメッセージをお送りください。info@futana.shop
 

←その他の「futana」の記事はこちらから

futana

京都市上京区中小川町241-6
TEL:075-406-5337
営業時間:10:00~18:00
定休日:不定休
https://www.futana.shop/
Instagram「@futana_kyoto

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ