休日の遊び。ケークサレの朝ごはん

器店主の朝ごはん
2021.01.10

「うつわと暮らしの道具 凛」小滝昌子さんvol.2

こんにちは。
大阪府富田林市で「うつわと暮らしの道具 凛」というお店をしています小滝昌子です。
1月の「器店主の朝ごはん」を担当させていただいています。どうぞよろしくお願いいたします。

毎日のルーティンで作るご飯は、たまに作るのをお休みしたいなー。なんて気分になったりしますが、義務感からではなく、思いつきで自由にパンやケーキを焼く時間って、子供の工作の時間みたいでとっても楽しかったりしませんか?^^
今日はそんな気分でお休みの日に作ったケークサレの朝ごはんです。

飴色玉ねぎに、ブロッコリーやトマト、ハムなど、冷蔵庫にある好きな具材を混ぜて焼きます。
焼きたてがおいしそうでつい食べてしまったので、手前の方はその切った痕跡が・・・(笑)
ケークサレを乗せているボードは木工作家、平岡正弘さんに特注で作っていただいたくるみのカッティングボードです。カンパーニュなど、大きめのパンを乗せたくて幅広のものを作っていただいた私のお気に入り。
しっとりとしたくるみの木肌がとても心地良いんですよ。
カッティングボードは大人数で集まって食卓を囲むとき、前菜やおつまみ、チーズを乗せたりと、一つあるとテーブルを華やかにしてくれる嬉しいアイテムです。いただいたケーキなどをそのままテーブルでカットしてサーブもできますよ。

ケークサレとサラダ、ピクルスを乗せている器は、田澤祐介さんの7寸丸皿。こちらはパンを乗せるためにつくられたもので、木がパンの湿気をほどよく吸ってくれるので、パリッとおいしくいただけます。
使っていくうちに深い色合いに育ってきました。

木の器、使うのにハードルが高いと思われる方がときどきいらっしゃいますが、さらっと洗えて欠けたりの心配も陶器に比べると少ないので、以外と使いやすいんですよ。しっかり乾かしてから収納することと、時々えごま油などを布に含ませて拭き、乾かします。私はずぼらなので、本当に時々です(笑)

この日の朝ごはんに使用したうつわは、

カッティングボード(平岡正弘さん) ケークサレ、サラダに(田澤祐介さん)
ヨーグルトに(竹村聡子さん) コーヒーに(境道一さん)
フォーク(守田詠美さん) スプーン(山田憲栄さん)
お箸置き(硝子屋PRATO PINOさん) 

でした。お読みいただきありがとうございました。

→「うつわと暮らしの道具 凛」の記事はこちらから

→その他の『器店主の朝ごはん』はこちらから

うつわと暮らしの道具 凛

大阪府富田林市高辺台2丁目31-8
TEL:0721-28-2188
営業時間:11:00~16:00
OPEN:水曜日 、木曜日、金曜日、第3土曜日
(常設期間と展示会期間でご来店方法が異なります。詳しくはHPをご覧くださいませ)
定休日:HPの営業日カレンダーをご確認ください
https://utsuwayarin.tumblr.com/
ネットショップ:https://utsuwayarin.shop/
Instagram:@utsuwaya_rin

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ