季節の味を‟お守り”に 「coneru」のハーブシロップ

今日のひとしな
2023.01.17

~「toita」より vol.17 ~

雄大な駒ケ岳をのぞむ小高い丘に、陶芸家のご主人が建てたちいさな工房でお菓子やシロップを作る藤吉愛さん。

愛さんが日々移ろいゆく風景やその美しさにこころ打たれながら、エネルギーをいっぱいに閉じ込めた「coneru(コネル)」のシロップは、すっかり「toita」には欠かせない‟ひとしな”となりました。

「coneru」との出会いは、函館に住む映画監督・大西功一さんからのご紹介でした。

実は、友人からのお土産でいただいたこともあり、大分前から知っていた「coneru」。でもその時は無理にご縁をつなぐことはせずに、いつか日か時が来るのを待つことにしました。「toita」では、すぐにお取引をお願いするケースと、とても気に入っておきながら時を待つケースとがあります。自分の中での明確な基準は分かりませんが……今回も、そんな出会いでした。

今では家族ぐるみですっかり仲良しです。藤吉一家の自然・食・暮らしへの眼差しにはとても学ぶことがあり、家を訪ねる度に、‟目には見えないけれど、大切な何か”をお土産に頂いています


古来から薬として用いられてきた野草やハーブには、こころやからだの調子を整える作用があると言われています。「coneru」では、そのパワーが最大限に引き出せるよう、月の満ち欠けに従い製造をされており、彼女自身の暮らしもその上にあるのだなということをとても感じます。

定番のエルダーフラワー、カモミール、エキナセアの3種に加え、季節により、手摘みのラベンダーやアカツメクサ、ツユクサなどが並びます。わたしはお守りのように、その季節にあったシロップを家に常備しています。花粉症などアレルギーの多くなる季節にはエルダーフラワーを。インフルエンザの時期にはエキナセアを。寒い季節には、カモミールの人気が高くなります。

炭酸で割ったり、ホットミルクに溶いたり、ヨーグルトにかけても。植物の力を気軽に取り入れられる‟ひとしな”です。

 

今回掲載のお品は以下よりご購入いただけます。
「FROMTOYA 洞爺のおいしいもの、たのしいものの通販サイト」

 

←その他の「toita」の記事はこちらから
←その他の「今日のひとしな」はこちらから

toita/トイタ(北海道)

住所:北海道虻田郡洞爺湖町洞爺町85-2
営業時間:10:00~16:00
定休日:日、月、火曜日
オンラインストア:https://fromtoya.shop-pro.jp/
instagram:@toita.toya 

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ