素敵な器を使った朝ごはんコラム、11月担当は「器屋anjico(アンジコ)」井口美緒さん

器店主の朝ごはん
2019.11.02

はじめまして。「器屋anjico(アンジコ)」の井口美緒と申します。
この度、11月の朝ごはんを担当させていただくことになりました。どうぞよろしくお願いいたします。

さて今回は私と母のお店「anjico」についてご紹介させていただきます。

anjicoshop-1
「anjico」は兵庫県西宮市に2006年にオープンしました。
が、実は生まれも育ちも関東のため関西弁はほとんど話せません。(いきなりどうでもいいですね、笑)

anjicoshop-2
小さな店ですが、個展や企画展の開催、展示期間以外は常設での営業、不定期でワークショップや美味しいイベントなどを行っております。
(こちらの画像は先月の八田亨さんの個展の時のものです)

西宮は阪神間と呼ばれる大阪と神戸のちょうど真ん中あたりに位置しており、どちらからお越しいただいても阪急電車で夙川まで15分ほど。
ご遠方から関西へご旅行中の方もちょっと足を伸ばしていただけましたら、お気軽にお立ち寄りいただける距離の住宅街の「え?こんなところに!?」という場所でひっそりとお店をしています。

anjicoshop-3
この町のいちばんの自慢は、町の中心に流れる 夙川(しゅくがわ)です。
桜の名所として特に有名なのですが、初夏は紫陽花、秋には紅葉と、1年中お散歩しながら季節を楽しめるオアシスです。
近隣には素敵なお店もたくさん。お天気の良い日には近くの美味しいパン屋さんの焼きたてパンをテイクアウトしてこの夙川公園で“朝ごはん”を食べてから出勤するのもいい季節の楽しみです。
そしてこのお散歩スポットは愛犬家の方たちも多く様々な犬種のワンちゃんを見ることができるのも密かな楽しみです。

ちなみによくご質問をいただく「anjico」という店の名前の意味ですが今はなき、わが家の愛犬アンジーが女の子だったためにつけたあだ名「アンジ子」がそのまま店名になりました。

anjicoshop-4
anjicoshop-5

お料理が好きで器が好きというより、「お料理は得意じゃないけど器が好き」な私たち。
手の込んでない家庭料理でも盛り付けた途端「お?なんかいいじゃん!」と見せてくれたり、毎日ちょっと面倒な食後の片付けさえも愛おしさでササ〜っと終わらせたりそんな魔法をかけてくれる器の魅力を感じ、助けてもらっています。

普段使いできるもの、そこにあるだけで嬉しくなるもの、シンプルだけどちゃんと主張してくれるもの、そしてお人柄も魅力的な作家さんのもの・・・を、「anjico」ではご紹介させていただいております。

共働き夫婦2人暮らしの簡単なわが家の朝ごはんですがこの1ヶ月、どうぞよろしくお願いいたします。

→「器屋anjico」の記事はこちらから

→その他の『器店主の朝ごはん』はこちらから

器屋anjico

兵庫県西宮市結善町6−27
TEL:0798-72-2100
営業時間:11:00~18:00
定休日:火・水曜(その他臨時休あり)
HP:http://www.anjico.com/
Instagram:@anjicogram

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ