尾道編vol.4 尾道の街並みを一望、最高の景色が味わえる「みはらし亭」

地元のおしゃれさんが 案内する 小さな旅
2019.10.26

地方在住のおしゃれさんに、地元のとっておきの場所を案内していただく人気連載「地元のおしゃれさんが案内する小さな旅」。今月は、レトロな街並みや景色が魅力的で、観光地として人気が高い広島県・尾道を特集します。最近は移住者も増え、おしゃれなお店やカフェがどんどん増えているそう。そんな今話題の尾道を案内してくれるのは、天然染色で染めた帆布のバッグや小物の製作を行う「立花テキスタイル研究所」の新里カオリさん。ご自身も10年前に移住してきたからこそわかる、尾道の奥深い魅力を教えていただきました。

←vol.3はこちらから

*************

text:新里カオリ

s001
皆さん、こんにちは。私が担当する最終回は、尾道の街並みをたっぷり堪能できる、とっておきの場所「みはらし亭」をご紹介します。

s002
客室の窓から見える景色。尾道水道までも一望でき、開放感が抜群。

「みはらし亭」は、大正10年に建てられた建物を改修し、2016年春に新たな尾道の顔としてオープンしたゲストハウス兼カフェです。尾道の観光名所である千光寺の参道沿いの崖の上に建っています。

「みはらし亭」までは、JR尾道駅から商店街を通り、海を背にして「千光寺道」の約360段の石段を上がり、徒歩で約20~30分くらい。石段は少し大変……という方には、千光寺ロープウェイを使い「千光寺山山頂駅」で降りて歩くルートがおすすめです。徒歩では少し大変ですが、頑張った後には最高の景色が待っていますよ。

s003
s-IMG_0529
1階のカフェは宿泊者以外の方も利用が可能です。コーヒーやケーキを楽しみ、街歩きの休憩スポットとしても人気。古い尾道の街並みと海を眺めながら築100年の歴史ある建物で過ごす時間は、なんとも趣深いものです。

大正10年に建てられた「みはらし亭」は、もともと茶園(さえん)と呼ばれる別荘でした。尾道が港町として発展した時代に、豪商たちが眺めのいい山の斜面にこうした別荘を建てたのがはじまりだそう。戦後の一時期まで旅館として営業していましたが廃業となり、その後は30年近く空き家の状態が続きました。
そんな「みはらし亭」を新たに蘇らせることができたのは、NPO法人空き家再生プロジェクト、地元では通称 “アキピー”の活躍があったからこそ。

s004
尾道は古い家々が山の斜面にはりつく様に密集し、車どころか自転車も通れないような石段が並び、たくさんの狭い路地がある独特な街並みです。「こんなところに本当に暮らしているなんて」と私も初めてこの街を訪れた際には驚いたものです。そんな尾道の景観を守るには、空き家となっている古い建物を再生し新しい場を作り出す「アキピー」の活動は欠かせません。

s005
「空き家再生プロジェクト」を立ち上げ、代表を務めているのが豊田雅子さんです。豊田さんは尾道市出身で、大学時代は大阪で過ごしました。その頃、新聞で「尾道は空き家が多い。古い街並みも限界か」という記事を見て、活気が薄れた地元の様子に心を痛めていました。大学卒業後は旅行会社に就職。仕事で海外を訪れる中で、ヨーロッパではかつての貴族が暮らしていたお城のような建物や歴史ある建築物をユースホステルにするなど、“景観を守り受け継ぐ”といった日本にはない感覚に衝撃を受けたそう。

地元に戻った豊田さんが2007年にスタートさせた同プロジェクトでは、このような解体の危機に瀕していた空き家を、Iターン移住者の住まいや店舗、若手クリエーターの活動拠点やまちづくりの拠点などに、数多く再生し蘇らせていきました。

最初は手弁当で空き家の情報を聞いては掃除し、借りてくれる人を探したり、家を貸したい人の話を聞いたりしていた豊田さん。活動を続けていく中で「尾道に住みたい!」という人が段々と多くなっていることを実感し、途中からNPO法人化に。団体として本格的に空き家バンク、マッチング、改修工事などを精力的に行い、現在では入居希望者は50世帯以上、空き家の登録は100件を超えました。

s006
豊田さんに、なぜ古い町並みに思い入れがあるのか聞いてみたところ……
「自分の育った場所や暮らしている場所に、アイデンティティがあるのって大事だと思っていて。建物や景色、そこに暮らす人々など、それぞれの地域ごとに特徴がありますよね。私は尾道ならではのものを大事に残したいんです」

「この街に、住んでみたいな」そんな想いをそっと後押ししてくれる豊田さんの活動は、 ただ、ひたすらにコツコツと、愛らしい古い建物に心を寄せ、新たな形で再生し、そこに生活を息づかせる。そうして尾道の景観は、守り受け継がれているのでした。

豊田さん含め、これまでにお話を聞かせていただいた方々の存在も、尾道のアイデンティティそのものだな、と改めて思った最後の取材でした。
さて、尾道に対するこの想いはあくまで私の主観です。ぜひ、皆さんの目と耳と心で、尾道という街を感じに来てみてください。そして、どこかでお目に掛かれる機会に恵まれましたら、うれしく思います。

 

←その他の小さな旅【尾道編】はこちらから

みはらし亭

MAP:
広島県尾道市東土堂町15-7 *千光寺の真下
TEL:0848-23-3864
http://miharashi.onomichisaisei.com/

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ