素朴でシンプルなタイマニ族 のラグ

今日のひとしな
2021.10.04

~ 「エイトデイズ」より vol.4 ~

タイマニ族はアフガニスタン西部の山岳と丘陵をテリトリーとする遊牧民で、チャハールアイマク族(4つの遊牧民)の中の一つの部族と分類されています。チャハールアイマクとは タイマニ 、フィロズコヒ、ジャムシーディ、テイムーリなどに分類できるそうですが、研究者によってはさらにハザラを追加することもあるようです。

素朴でシンプル、味わいがあるデザインや色彩が特徴です。近隣のバルーチ族や影響力の強いトルクメン族のデザインを真似ることも多く自由奔放さも特徴です。

今回のラグは全体が染めていないラクダの毛で織られていますが、素材の色と風合いを生かした、素朴ながら現在的感覚を併せ持つラグと感じます。織りはバルーチ族に比べると粗く、パイルも少し長めなようですが、とても丁寧に織られています。またこのようなシンプルな柄はどのようなインテリアにも合わせやすく、トルクメンなどとは違った魅力があります。


9月の初旬に写真撮影したのですが、天候が悪い日が続いていたため、全体的に暗く写っています。実際はもう少し明るいキャメル色になります。タイマニのラグは少し地味に感じることが多いですが、飽きの来ない味わいがあります。長年トライバルラグを扱い続けてきた「tribe」榊さんは、ことのほかタイマニ好きのようです。気に入っているラグが売れて手放すときには、少し残念そうな顔をするのが面白いです。

パイル織り キャメル・羊毛 142×90cm ¥104,500(95,000)20世紀中頃

 


明日からは小さめの袋物(サドルバッグやバーリシト)など、お値段もお手頃で買いやすいものを紹介いたします。

 

→その他の「エイトデイズ」の記事はこちらから

→その他の「今日のひとしな」の記事はこちらから

EIGHTDAYS/エイトデイズ(長野)

長野県須坂市大字須坂東横町375
TEL:026-248-3055
営業時間:11:00~18:00
定休日:木曜(祝日は営業)
http://eightdays.jp
Instagram:@eightdays 

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ