この先もずっと付き合っていきたい「3sun」のパッチワークエプロン

今日のひとしな
2022.07.17

~「bollard」より vol.17 ~


工場で廃棄される余り生地の「残反」をパッチワークにし、エプロンへとアップサイクルした「パッチワークエプロン」。

先日ご紹介した「BAILER(ベイラー)」バケツバッグと同じ、アップサイクル(※捨てられるはずだった廃棄物や不用品を、新しい製品にアップグレードすること)メーカーの「3sun(サン)」が制作しています。ただ再利用するだけではなく、せっかくならもっと素敵に、もっと楽しく。このエプロンに触れると、そんなアップサイクルの意義がよく伝わってくるようです。


「Gray」はリネンの生地のパッチワーク。色調や風合いの異なるリネンがリズミカルに配置されています。


「Denim」は、薄地のさまざまなブルーにヒッコリーのアクセントが絶妙です。

残反なので、入荷のタイミングで微妙に色合いや配色が違うことも。それもまたこのエプロンの楽しみのひとつ。

「パッチワーク生地は重いのでは?」と思われるかもしれませんが、薄手の生地を使っているので実はとても軽量なんです。

クロスバックの紐は、サッとかぶれるだけ、首に負担をかけないラクな着心地。ジェンダーフリーサイズで、家族で使えるのも嬉しいポイントです。

実は、我が家で愛用しているパッチワークエプロンは、「bollard」カフェスタッフのお古なんです。カレーの調理で真っ黄色になってしまったエプロンを、生地がまだまだ使えるので黒く染め直してみました。この先長年使って破れても、「刺繍をしたらカワイイだろうな〜」なんて楽しみつつ、長く付きあっていきたいと思っています。

オンラインショップはこちらから

←その他の「bollard」の記事はこちらから
←その他の「今日のひとしな」はこちらから

bollard/ボラ―ド(岡山)

岡山県玉野市築港1-10-6
TEL:0863-33-3286
営業時間:日・月・火 13:00~17:00
https://bollard.jp/
Instagram :「@bollardjp

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ