イギリス伝統の技にうっとりする収穫かご、ガーデントラッグ

今日のひとしな
2022.12.04

~「LIFETIME」より vol.4 ~

使うのがもったいない。飾っておきたい。

美しい道具への誉め言葉ですね。嬉しいなぁと思いつつ、「道具だから使ってくださいよ!」と、反射的に言ってしまいます。機能的にも審美的にも抜け出たものは、ほとんどの場合が使うとさらにその良さを実感していただけるのです。使うほどに育っていく姿に惚れ直したりするのですね。

「味わい深い」という形容詞は、きっとこのような美しい物が経年変化を遂げた時に使われるのかな。

四日目の「今日のひとしな」は、そんな使うのがもったいない、飾っておきたい代表格でもあるイギリスの‟Garden Trug(ガーデントラッグ)”です。

イングランド南東部のサセックスで作られる伝統的な収穫かご。イギリスでは庭や畑での収穫作業にはかかせない道具として広く一般的に使われています。1800年代から現地固有の素材を使用し、現在も製法と形はほとんど変わっていません。

硬くて軽いスウィートチェストナッツ(甘栗)がハンドルとフレームに、しなやかで軽いウィロー(柳)がかご板に使われ、銅鋲で固定した至ってシンプルな作りです。

そのシンプルさとは裏腹に、制作がとても難しいことで知られています。そのため、トラッグ製作には熟練した技術が必要で、マスターとしての高い評価を受けるには5年以上の訓練が必要とされています。


この写真は「MAG BY LOUISE」の河村さんからお借りしたもの。2021年に惜しまれつつもフラワーショップは休業されていますが、センスの塊でもある彼女の花と写真の美しさを差し引いても、隙間から垣間見えるガーデントラッグの様子に惚れ惚れしてしまいます。

庭や畑の収穫かごですが、何を収納するかはご自由にお使いください。

当店の裏テーマの一つに「植物のある暮らしを愉しむ道具」というのがあります。植物に関する道具がヒントになって、みなさまの暮らしのお役に立てたらこのテーマも報われますし、仕事冥利に尽きます。

 

オンラインショップはこちらから

←その他の「LIFETIME」の記事はこちらから
←その他の「今日のひとしな」はこちらから

 

LIFETIME/ライフタイム(京都)

住所:京都市北区紫野上築山町21
電話:075-415-7250
(※少人数での運営の為、お電話に出られない時があります)
営業時間:13:00~17:00
定休日:水曜、日曜
HP : https://lifetime-g.com/
instagram:@lifetime.kyoto

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ