とにかく使いやすくて映える、「Awabiware」のオーバル皿

今日のひとしな
2019.07.01

~「haku+」より vol.1 ~

はじめまして。7月の「今日のひとしな」を担当することになりました、神戸・六甲の「haku+」です。

今日から一ヶ月間、私の‟大好き”をお伝えしていきます。毎日ひとつずつ楽しんで、わくわくしていただけるといいなぁ~と思います。どうぞよろしくお願いいたします。
 
さて、最初のひとしなは、淡路島に工房がある「Awabiware(あわびウェア)」さんの器です。その中でも、定番のオーバル皿をご紹介したいと思います。
web-kiji0005
こちらは、「Awabiware」さんの工房です。かつては、島内の診療所だった雰囲気のある建物。いつ訪れても良い空気が流れています。
 
「受け継ぐ器」をコンセプトに、日用食器を制作されています。淡路島の美しさと書いて「あわび」、「あわびウェア」の「ウェア」には製品という意味があります。江戸後期から明治期に栄えた珉平焼(淡路焼)の制作スタイルに学びながら、生活道具としての器をつくっています(HPより抜粋)。
 
実は、お店はおろか、物件もまだ決まっていない段階で、お取り扱いのお願いをしに伺いました。どこの誰かもわからない、ましてや実績もない、いきなり飛び込んできたわけのわからぬ人の始めるお店……。今考えると、よくオッケーしてくださったなぁと思います(笑)。

でもオッケーしてくださったからこそ、今があるんですけどね。ご縁と岡本さんの勇気(!)に、感謝です。
web-kiji0001
「Awabiware」代表の、岡本純一さん。先日お伺いした時、お茶を点ててくださいました。
 
それでは、ここから少し器をご紹介させていただきますね。
 
 
web-kiji0002
 
●オーバル皿(Sサイズ)
程よい大きさと厚み。少しラウンドしているので、多少汁気があっても大丈夫。私は取り皿や副菜などに使っています。あと、ケーキを載せるときは大体このお皿を選びます。

web-kiji0003
 
●オーバル皿(Mサイズ)
カレーやパスタ、チャーハンなどは、ほぼほぼこのお皿。朝食のワンプレートにも。何をのせても様になります。今風の言葉でいうと「映え」ます(笑)。
 
web-kiji0004
 
当店のラインナップは、写真の(左から)白磁、アイボリー、青マット、 黒マットを中心取り揃えております。たまにターコイズブルーなどが入荷するときもあります。
 
何枚あっても困らない、日常使いの器。

大切な人への贈り物にもいいかもしれませんね。

 

←お店の紹介はこちらから
←その他の「haku+」の記事はこちらから

 

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ