出会うと手に取らずにはいられない、‟木で作られたもの”

今日のひとしな
2019.07.27

~「haku+」より vol.27~

木で作られたものにずきゅんとくる日々。
 
とくに一本の木から作られた椅子などは、形や色すべて一点ものなので、出会ったときに少しくらい高くても、頑張って買ってしまいます。
 
web-kiji0004
 
インドからやってきた木のボウル。植物を入れたり、ポプリを入れたり……使い方はアイデア次第。こうやって、いくつか積み重なっている様子、かわいいですよね。
 
web-kiji0005
web-kiji0006
 
へへ族のスツール。小さいサイドテーブルとしても使えそう。お子様の椅子にもよさそうです◎。
 
web-kiji0001
 
コートジボワール、セヌフォ族のスツール。3本足のバランスとフォルムがたまらなく愛らしい。
 
web-kiji0002
 
西アフリカのスツール(国名・部族名不明)。写真では分かりませんが、一応3本足なんです。
 
web-kiji0003 
お店にも大きなエチオピアの椅子があります。
 
長い背もたれのついたかっこいい椅子。よくお値段を聞かれるのですが、今のところは残念ながら手放すつもりはありません。だって、とてもとても気に入っているのですから!
 

 

 
 

←お店の紹介はこちらから
←その他の「haku+」の記事はこちらから

 

haku+(ハクプラス)

兵庫県神戸市灘区宮山町2-4-7 サニー六甲3号
TEL: 078-862-8744
営業時間:12:00~19:00
定休日:水曜(不定休あり)
http://hakuplus.jp
Instagram「@hakuplus_

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ