【香菜子さん連載】自分時間を過ごすのはいつもルーフバルコニー【後編】

香菜子さんの、日々にピタリなもの
2021.11.03

お引越し先のルーフバルコニーで「外での自分時間」を楽しんでいる香菜子さんを取材中の「日々にピタリなもの」。【前編】では、朝のコーヒータイムやハンモックタイムを紹介しましたが、【後編】ではいよいよお待ちかね、「夕暮れにちょっと一杯」のはじまりはじまり~。

05
夕方のご褒美ワイン


仕事が一段落し、夕ご飯の下ごしらえが終わったら、香菜子さんにほんの少しだけ「自分のための時間」がやってきます。キッチンでウキウキニヤニヤしながら、おつまみを準備して……


ルーフバルコニーのガーデンテーブルに運びます。クロスを敷き、白ワインとグラス、プレートを並べたら、束の間のご褒美時間スタートです。


「日が落ちる直前の空を眺めながらワインを飲むのが、最近の一番の楽しみなんです。時間に余裕がある日は、パパッと並べるだけのおつまみも用意して、ここでのんびり過ごしています。仕事が忙しいときとか、凹んだときなんかは特に、このちょっぴり贅沢なひとり時間のおかげで、スッと気持ちの切り替えができるので助かっています」


この日のおつまみは、カルディで見つけたビーツ味のベジクラッカーにクリームチーズ、燻製ナッツ、オリーブ、そこにベランダで摘んだローズマリーを添えて……。


ワインのお供はおつまみだけではありません。ゆったりした気分になれるBGMも大事。スマホとBluetoothポータブルスピーカーがあれば、バルコニーでも気軽に音楽を楽しめちゃいます。音楽はAmazon Musicからセレクト、スピーカーはBOSEのものです。
ちなみに奥の白いボックスは、無印良品のウェットティッシュケース。乾きもののおつまみを手で食べるときは、こちらも必須ですね。



ワインのボトルストッパーは英・クレモアミル。「先日クラスカで見つけたんです。ワイン関連のアイテムでこういうシンプルなデザインのものって、意外となかなか見つからないんですよね。木とコルクを組み合わせた姿にキュンとしました」


「ワインは、ビオワイン専門のオンラインショップでまとめ買いすることが多いです。あと、近くのローソンにも成城石井セレクトのワインが揃っているので、よく利用しています。お手頃でおいしいワインが、ネットでも近所でもこんなに手軽に手に入れられるなんて、幸せな世の中だなーって思います(笑)」


ちなみに、香菜子さんが最近ネットショップでよく利用しているのが、オーガニックや自然由来の食品や日用品がセレクトされているiHerbというサイト。最近ここで見つけて気に入っているのがこちらのココナッツオイルです。
「免疫力がアップすると聞いて購入してみました。コーヒーに入れたりグリル野菜にかけたりして取り入れています。自分の体は自分で元気にしていかなくちゃと、この1、2年は特に食品選びに気をつかうようになった気がします」


……と、お話を聞いている間に、だんだん空も暗くなり、周りの建物にも明かりが灯り始めました。
「さて、そろそろ夕飯の仕上げをしようかな」
こうして香菜子さんは、ほんのひと時の自分時間を終え、次々と帰ってくる家族を迎える準備を始めます。

 

【前編】【後編】にわたって、香菜子さんの自分時間の過ごし方をお届けしてきましたが、ルーフバルコニーは香菜子さんにとって、静かに自分と向き合ったり、気持ちの切り替えをしたりするための大事な場所になっているようですね。秋が深まりつつあるこの時季、改めて自分時間を大切さを見直してみたくなりました。

 

→その他の香菜子さんの記事はこちらから

Profile

香菜子

Kanako

モデル、イラストレーターとして活躍する傍ら、ホテル備品をイメージしたプロダクトブランド「ヴィルヘルムス」を主宰。著書『香菜子さんの服えらび。』(主婦と生活社刊)も好評発売中。
https://vilhelms.thebase.in/
Instagram「@hotelvilhelms

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ