ちょっと背伸びで買ったソファ

編集部ブログ
2021.12.28

こんばんは。編集部木村です。

 

今日は12月15日に発売したばかりの別冊「ちょっと背伸びのもの選び」にちなんで、
編集部木村の「ちょっと背伸びで買ったもの」をご紹介します~。

それはずばり「TRUCK FURNITURE」のソファです。

わが家のリビングにはソファがなく、疲れて帰ってきても、なんだか身の置き所がなかったんです。
だから、疲れた体をボーンと預けて、ひたすらボ――――っとリラックスできるソファを探していました。

探しているうちに「家族4人が一緒に座っても大丈夫な大きさだったら、なおいいな~」とか、「デザインももちろんかっこよいのがいいし~」などと、どんどん要望が増えていきました……(笑)。あらゆる家具ショップをめぐり、いろんなソファに座ってみたのですが……。妄想が膨らみすぎた私のお尻にぴたりと来るソファにはなかなか出会えません。うーむ、残るはここしかない! と大阪にある憧れの家具ショップ「TRUCK FURNITURE」まで行ってみました。もちろん、ソファに座って、座り心地を試してみるという目的です。店内には色々なかっこいいソファが置かれていたのですが、「TRUCK FURNITURE」を代表する「FK SOFA」という名のソファにバフッっと座ってみたら……。

頭も首もおしりも背中も、体をまるごと預けられて、まるで抱っこされているような安心感。これなら、ひたすらボ――――ッとできそうです。というか実際しばらくボー―――――ッとしていました。そして、心の中では「やっと会えたね」とつぶやいていました。お値段はもちろん安くはありませんし、送料もそれなりにかかります。だって大阪から運ぶんですもの。すでに予約がたくさんで、できあがるまで半年待ちというお話でしたが、もう迷いませんでした。即決してエイっと買いました。

そして、「FK SOFA」がついにやってきました。数々のソファに座ってきた私のお尻が示した「OK」というサインは間違っていませんでした。

 

左右のひじ置きはテーブルがわりに、かごを置いたり、お茶を置いたり、テーブルのようにしても使っちゃっています。

 

子どもたちはクッションを床に置いて、ソファを背もたれにしてザブトン代わりにしてテレビを見たり

背中のクッションを端に寄せると、このままベッドになります。

年末年始はここで、ボ―――――――ッと過ごす予定ですよ、もちろん! イエイ!!

以上、編集木村の「ちょっと背伸びで買ったもの」のお話でした。
私はさておき、暮らしの目利きの素敵なみなさんの、
ものと暮らしが紡ぐ物語がたっぷりつまった
『ちょっと背伸びのもの選び』。
年末年始のおともにぜひお手にとってみてくださいネ!

今年も残すところあと3日。
本日28日が仕事納めだった方も多いのではないでしょうか?
1年間、本当におつかれさまでした!

暮らしとおしゃれ編集部は一日早く、27日が仕事納めでした。
私は、来年1月31日発売の『暮らしのおへそVol.33』の校了紙が印刷所から届き、
それを最終チェックしていただくために各所にお送りして、大掃除をして、1年の仕事を納めました。

今年はコロナに翻弄されつつ、リモートワークやオンライン取材も当たり前になった1年。
たくさんの方にお世話になりましたが、
なにより、このWEBマガジンや本や雑誌を購読してくださっている読者の皆さまに支えられた1年でした。
本当にありがとうございました。(編集部 木村)

暮らしのおへそsenobiシリーズ
『ちょっと背伸びのもの選び』

amazonはこちらから

楽天ブックスはこちらから

 

←その他の『ちょっと背伸びのもの選び』の記事はこちらから

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ