毎日、良さを実感している「LITTLE SUNSHINE」のタオル

今日のひとしな
2022.04.16

~「and ordinary.」より vol.16 ~

1960年代の古き良き時代のアメリカ製のタオルは、世界最高品質と言われています。


「LITTLE SUNSHINE(リトルサンシャイン)」を手掛ける「リトル」の日夏さんは、その時代のタオルを愛用し所持していたことから、もうそのタオルがもう買えない・存在しないということで、ならば「自分でタオル作りを始めよう」と思ったのがきっかけで「LITTLE SUNSHINE」をスタートされました。


タオル表面の糸の形状を輪にすることではなく、ひねって紐状にする"ロングパイルツイスト製法"でその当時のクオリティである「よく水分を吸い、よく乾いて、長く愛用してもヘタレない」タオルを日本製で再現することに成功しました。


弾力のあるタオルながら、購入当初は少し固い印象を持たれる方もいらっしゃいます。ですが、このタオルは洗い込んでいくことでだんだんとパイルが解れてきて柔らかくなっていきます。

この経年変化こそ、"生活道具"としての表現がぴったりで、日常生活を充実に送るためには欠かせないタオルになります。



このタオルで作られたタオルバッグやタオルベアーもとても人気で、贈り物にもぴったり。


長年取り扱いを続けてきたことで、皆さんの日常生活に入り込んでいてくれているのを感じるようになってきました。


我が家ではタオルはもうこのタオルだけになっていて、毎日使っていることで、その良さもお客さまに実感を込めてお伝えできているなと思っています。

オンラインストアはこちら 
and ordinary.」「BROWN and ordinary.

and ordinary.(アンドオーディナリー)

●札幌店
札幌市中央区南1条西1丁目2 大沢ビル6F
TEL: 011-206-6629

●むかわ店 ‟BROWN and ordinary”
勇払郡むかわ町末広2丁目29

<2022年春オープン予定の新店舗>
店名未定
勇払郡むかわ町豊城445-11

https://and-ordinary2020.blogspot.com/
Instagram:「@andordinary」「@brown_andordinary」「@ymb_andordinary

 

 

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ